【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 台所で発生する詰まりの原因は?対処法についても解説

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所で発生する詰まりの原因は?対処法についても解説

2021年06月06日 キッチンのつまり


台所で詰まりが発生する原因

台所で詰まりが発生する原因に、油汚れが挙げられます。
揚げ物などで使用した油をそのまま流すことはなくても、食器などに付着した油や、炒め物を作る際に排出される油は流れていくでしょう。
こうした少しの油汚れが積み重なることで、詰まりの原因になります。

油は冷えると固まる性質があるので、排水管の内部で水の通り道を狭めてしまいます。
そこに他の汚れが組み合わさることで次第に大きな塊へと変化していくのです。
油が付着した食器や調理器具を洗浄するときには、可能な限り丁寧に拭き取る意識が大切になります。

食べ物屑やぬめりも詰まりを引き起こす原因になるでしょう。
大きな食べ物屑は三角コーナーに入れて処理しますが、細かな食品の欠片などは水に流れてしまうことがほとんどです。
掃除の習慣が無ければワントラップの裏側には、ヘドロのような汚れも付着しています。
油汚れと同じように他の汚れと合わさることで、次第に大きな汚れへと変化し詰まりを引き起こすので、定期的な清掃が大切です。

最後は固形物の落下です。
調理で使用する機会もある爪楊枝などは、よく落下させてしまうケースになります。
ゴミ受けがずれていたりすると隙間から奥に流れていくこともあるので注意が必要です。

食器を洗っているときや排水口の清掃中に、誤ってスプーンやフォークといったものを落下させてしまうことも考えられます。
これが排水パイプよりも奥に流れていくと、大規模な工事が求められるケースもあるので、台所で固形物を取り扱う際には注意です。


液体式パイプクリーナーを使用しての詰まり除去

お手軽に詰まりを解消できるアイテムとして、パイプクリーナーがあります。
近くのスーパーなどで購入可能なため、入手も難しくありません。
ただし強力な成分を含む液体ですので、皮膚などに触れることが無いようにしてください。
パイプクリーナーを使用しての詰まり除去作業には、ゴム手袋を着用するなどの対策が重要です。

使用手順としては、排水管にパイプクリーナーを流し込むところからスタートです。
このとき排水管の側面をつたうようにして流し込むと、しっかりと汚れに密着してより効果を発揮しやすくなります。
液体を流し込んだらしばらく時間を置き、水で汚れを洗い流すことで作業完了です。
製品によって放置時間や使用の手順が変わることもありますので、説明書きをよく読みながら作業に取り組みましょう。

注意点としてすでに水の流れがかなり悪いほど、深刻な状態であればパイプクリーナー使用してもあまり効果を感じられません。
パイプクリーナーは詰まりの状態が軽いときや、これから詰まりが発生しそうな状態に効果を発揮するアイテムです。
症状の具合に合わせて適切な道具を選択することが大切になります。


ワイヤー式パイプクリーナーを使った詰まり除去

こちらは汚れの原因になっている物を直接削り取るアイテムです。
液体式と比較しても、こちらの方が深刻な症状に対応できるようになっていますので、パイプクリーナーと合わせて家に用意しておくといいかもしれません。
近くのホームセンターなどで購入可能です。

使用手順はまずワイヤーを排水溝に差し込みます。
詰まりが発生している箇所に届くと、それ以上ワイヤーが奥にいかなくなるので、その場所でワイヤーを回して汚れを落としていきます。
少し押し込むように力を入れながら動かすことがポイントです。
ある程度動かしてから取り出すと、汚れがワイヤーに付着しているはずです。


ピーピースルーを使用しての詰まり除去

最後はピーピースルーというアイテムについてですが、これは業務用の洗浄剤になります。
非常に強力な効果を持ち、業者の方も使用しているものです。

その威力はすさまじく、直接肌に触れてしまうと皮膚が溶ける可能性もあります。
使用する際には忘れずにゴム手袋を装着しましょう。
ホームセンターなどでは購入できない点にも注意が必要です。

使用法としては排水溝のまわりにピーピースルーを振りかけていきます。
直接内部に流し込まないように注意してください。
まわりに振りかけたらそれを40~50℃のお湯で、内部に流し込んでいきます。
うまく流し込むことに成功したら60分程度時間を空けて、水を5分ほど流しっぱなしにして汚れを落とし作業は完了です。
効果が高い分、使用に危険が伴うので慎重に取り扱いましょう。
本記事でも使用方法を解説しましたが、ピーピースルーを購入したならば手元にある説明書きもしっかりと読んでから作業すると安全です。


台所の詰まりでお困りなら

ひろしま水道職人は福山市、尾道市、廿日市市、大竹市など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひろしま水道職人にお問い合わせください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315