【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンのシンクが詰まる原因と自分でできる直し方

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンのシンクが詰まる原因と自分でできる直し方

2021年01月29日 キッチンのつまり
広島_10

キッチンのシンクはすぐに詰まりやすい場所です。
利用頻度が高く、食べ残しや油汚れなど、詰まりやすいものを流す場所だからこそ、こまめに掃除をしていないとすぐに詰まりが起きて、水が流れにくくなります。
そもそもキッチンで詰まりが起きてしまう原因とは何なのでしょうか。
そして詰まりを自分で直すことができるのでしょうか。

詰まりの原因の大半は油?

キッチンの詰まりの原因となっているのは、大半が油と言われています。油はちゃんと処理をしていて、排水口に流していない、という人も多いと思います。

確かに、揚げ物や炒め物をした際に、揚げ物に使った油は凝固剤などで固めて捨てる、炒め物のときは、油汚れはキッチンペーパーで拭いて洗っている、などの対策をしている方は多いでしょう。ただ、油はそれだけではありません。

盲点なのが、食材から出る油です。肉や魚には油が含まれており、そこから油が流れ出ています。

特に多いのが、残飯や食材の切り残しなどを、三角コーナーに捨ててしまうことです。捨ててもすぐに処理してしまえば問題ないのですが、数日放置しておくことも珍しくありません。すると、そこに捨てられた食べもの屑から油が流れ出て、やがて排水口に流れていきます。

油として使ったものはきちんと処理をしていても、肉や魚から自然に発生する油が詰まりの原因となっている可能性が高いのです。

油は食材だけではありません。
洗剤も油分が含まれているため、きちんと流しきらないと、排水管の中で蓄積していきます。食器用洗剤を大量に使い、その後、しっかりとお湯でシンクを流していないと、排水口や排水トラップ、さらに排水管の中で泡として残ってしまい、それがやがて固まって詰まりの原因となることがあります。

油以外で詰まりが起きる原因として考えられるのは、固形物です。
スポンジのカスやスプーンやフォークなどの食器、洗剤のフタなど、水では溶けないものを排水口の中に落としてしまい、それが奥で詰まって水が流れにくくなることがあります。

目に見える範囲で止まってくれれば自分で取り出せますが、下水管の中まで入り込んでしまったら、業者に頼んで取り出してもらうしかありません。落としたと気づいたら、水は流さずに、早めに取り出すようにしましょう。


詰まりを自分で直す方法

詰まりが起きた場合、自分で解消できる場合もあります。
ここからは、キッチンの詰まり解消を簡単にできる方法を紹介していきたいと思います。

・タオルとお湯を使う
タオルとお湯を使って、お湯の勢いで一気に排水管の中の詰まりを解消する方法です。
やり方は、まず排水トラップを外した状態で、タオルで排水口を塞ぎます。そして、シンクの中に50℃ほどのお湯をためます。このとき、タオルが流れないように押さえておいてください。そして一定のお湯がたまったら、一気にタオルを引き抜きます。

すると、シンクにたまったお湯が排水管の中に流れていき、内部の油汚れやカビなど詰まりの原因が取れやすくなります。
お湯にする理由は、油を溶かすことができるからです。水だと油は溶けにくいですし、熱湯だと排水管を痛めてしまうため、必ず50~60℃ほどのお湯にしましょう。

・市販の洗浄用洗剤を使う
市販されている洗浄用の洗剤を使う方法です。
最も有名なのが、パイプクリーナーでしょう。排水口の内部に直接液体を入れて数十分放置したら、あとは水で流すだけで、詰まりのもとを解消することができます。

ピーピースルーと呼ばれる、粉上のタイプの商品もあります。
ピーピースルーは、洗浄力が強いことで知られており、パイプクリーナーでは取れなかった汚れも、取ることができる可能性があります。
ピーピースルーは直接排水口の中に入れてはいけません。排水口の周りを囲うように振りかけて、少しずつお湯や水で注ぎ入れて、流していきます。

また、重曹とクエン酸を混ぜて使うやり方もあります。ただ、パイプクリーナーやピーピースルーに比べると、やや効果が弱いです。

・ラバーカップやワイヤーブラシを使う
ラバーカップはシンクにも使えます。
シンク内に水を張った状態でラバーカップを押し引きすることで、空気圧で内部の詰まりを解消します。ワイヤーブラシは、内部の汚れを直接かき出して、詰まりを直すことができます。


どうしても解決しない時は業者に相談

詰まりに関しては、大抵のものは自分で直すことができます。ただ、中には長年掃除していないため内部で頑固な汚れになっていたり、下水管の方で詰まっているなど、自分で対処できないこともあります。

そんなときは、水道業者に相談することが一番です。料金面での不安もあると思いますが、今はネットで料金は調べることができますので、事前に確認しておきましょう。

ひろしま水道職人では、シンクの詰まりや故障など、水のトラブルに対し幅広く対応しています。
広島市安佐南区、東広島市、福山市、尾道市、三原市などを中心に、広島県全域で困っている人のもとへ駆けつけて、修理や点検、部品交換などをしています。水回りでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315