【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 新型コロナ対策では一人ひとりの予防意識が大切

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

新型コロナ対策では一人ひとりの予防意識が大切

2021年03月25日 新型コロナウイルス


家庭内といえども感染の危険性はあります

すべての人が外部との接触を避けて、しばらく一人で生活すれば新型コロナの脅威は消滅します。
しかしこれは現実的に不可能であり、多くの人は否応なしに外部との接触を迫られます。
そこで大切となるのがソーシャルディスタンスで、人と2m程度の距離を置くことが好ましいです。

ただ自宅という環境ではそれが難しい場合が多いでしょう。
部屋の広さや数にもよりますが、接触をゼロにすることは困難です。
だからこそ家庭内でも手洗い、マスク着用などが必要になるのです。
新型コロナウイルス(COVID-19)を抑えるには、自分がかからないこと、そして他人に感染させないことがポイントになります。
つまり自身が対策を徹底することが、周りのためにもなるのです。


家族全員が感染予防意識を高く持つことが大切

家庭内でも全員がマスク着用をし、手洗いをしっかり行うようにしてください。
家族全員で感染対策を共用し、確実に実践することが重要です。
家庭という環境はいつでも手洗い、うがいができるので、その気になれば感染リスクは大幅に軽減できます。
くれぐれも家にいるから安全だと思わないことが大切です。

安心や気の緩みから対策が不十分になり、感染するケースは少なくありません。
水道が止まるなどのトラブルが発生したときは手洗いができないので、こうした場合はアルコール消毒やウエットティッシュで拭くなどの対策をしてください。
ウイルスをゼロにするのが困難でも、減らすだけで感染を防げることは多々あります。


粘膜にウイルスがつくと危険

皮膚にウイルスが付着しても、これだけで感染する確率は低いです。
危険なのはウイルスのついた手で粘膜を触れたときです。
冬場は目が乾燥するドライアイが発生しやすく、目のかゆみからかいてしまう人が少なくありません。
また指で鼻毛を抜いたり、スナック菓子を手で食べたりする場合も要注意です。
感染症が怖いのは日ごろの当たり前といえる動作がきっかけで発症することです。

新型コロナが登場した当初は慣れない対策に苦労した人が多いでしょうが、人は必ず環境に慣れていきます。
今では感染症対策をすることが日常の一部になっている人が多いはずです。
面倒な対策でも習慣化させれば、苦痛なく続けられるようになります。


トイレ使用時の注意点とは

家庭内ではトイレ感染が数多く認められているので、特にトイレを使用したあとは注意してください。
おしりや手などはウイルスが付着しやすい場所です。

また通気性が悪くなっていると、空気中のウイルスを吸い込んでしまう可能性があります。
トイレは小まめに換気をし、またアルコール消毒も並行してください。
便座や蓋、洗浄レバーなどはアルコールで消毒しましょう。
消毒すればウイルスが無効化し、触れても問題ない状態になります。

アルコールはさまざまな菌やウイルスを死滅させる作用があり、その能力は表面活性剤を上回っています。
手のアルコール消毒は原則として必要ありませんが、手洗いができないとき、石けんがないときなどは使用してください。
スプレータイプのアルコールなら、広範囲に散布できます。
スプレーの使用においては近くに火気がないことを十分に確認しましょう。
手洗いは水道水だけでも効果的ですが、より徹底してウイルスを落とすためには石けんの使用をおすすめします。


トイレ掃除とウイルス感染のリスク

新型コロナウイルスを取り除くという意味で、トイレの掃除は欠かせません。
ただトイレ掃除という行為中は、ウイルスと接触しやすい環境にあります。
狭い空間ではウイルスの逃げ場がないので、空気中のウイルス濃度が高くなっている可能性があります。

また下痢の排泄物や汚水から感染することもありえるので、手袋やマスク着用のうえで清掃してください。
掃除が完了したらアルコール消毒で仕上げをし、ウイルスをゼロに近づけましょう。
複数の対策を並行すれば、より高い感染予防効果を得られます。


浴室は新型コロナのリスクがない?

浴室はトイレほど感染リスクは高くはありませんが、意外な原因から感染することがあります。
それはドアノブに触ってしまうことです。
入浴して全身をきれいにしても、ウイルスがついたドアノブを触るとウイルスが皮膚にうつります。
浴室は家族みんなが触れるので、アルコール消毒は欠かせません。
洗濯物に関しても、できれば一人ずつ別々に洗いたいです。

家族との会話は大切なことですが、新型コロナが収束するまではコミュニケーションよりも感染対策を重視してください。
ひとたび誰かに感染させると、加速度的に感染が広がってしまう可能性があります。

ひろしま水道職人は地元のお客様から水回りのかかりつけ業者として愛されております。
毎日の健康チェック、消毒、手洗い、うがい、手袋やマスクの着用などスタッフ全員コロナ対策には万全を期しており、安心してご依頼いただけます。

広島市、福山市、呉市、東広島市などの広島県全域で数多くの作業実績があります。
年中無休で対応しており、見積もり料金は発生しません。
トイレや浴室のほか、台所や洗面所の水トラブル全般はひろしま水道職人にお任せください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315