【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 新型コロナウイルス、家庭内での感染を防ぐためには?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

新型コロナウイルス、家庭内での感染を防ぐためには?

2021年01月29日 新型コロナウイルス
広島_9

新型コロナウイルスが日本国内で猛威を振るうようになり、1年近く経過いたしました。
今では外出時はマスク着用、お店に入る前にはアルコール消毒、帰宅したらうがい・手洗いをするなど、今まで以上に日本人の衛生観念が高まりました。
しかし、それでも、感染は広がっています。家庭内での感染を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

家庭内でできる感染予防とは

もし家庭内で感染の恐れがある人いる場合は、家庭内で感染予防をし、感染拡大を防ぐことが大切です。
ここからは、どんなことをすれば予防できるのか、いくつかの場面ごとに紹介していきたいと思います。

・食事
食事をする前は、必ずアルコール消毒をします。
そして、食卓はできる限り、別々にしましょう。時間をずらす、別のテーブルで食事をするなどの対策が必要です。直接飛沫がかからないことが大切なので、お互いに正面を向いて食事をとるようなことは避けてください。

また、大皿の料理をみんなでシェアするのではなく、できるだけ食事は別々に盛り付けます。使った箸に唾液が付き、それが食事について、他の人の口に入ってしまうことを防ぐためです。また食事を置いておく際はラップをかける、フタをするなど、飛沫が付かないような配慮も必要です。

・お風呂
お風呂にはひとりずつ入り、使用する前は浴室をシャワーで洗い流すなど、清潔にしてから利用してください。また、感染の疑いがある場合でも、入浴したほうがよいでしょう。日々清潔にしておくことで、尿路感染や皮膚感染などを防ぐことができるからです。

ただし、感染疑いがある人は一番最後に入るようにしてください。さらに感染疑いがある人が使った湯船は、同じお湯を使わないように一度抜いてから新しいお湯を張り、お風呂を掃除したあとのドアノブやフタなどの消毒も忘れないようにしましょう。

・トイレ
トイレも感染しやすい場所と言われています。
新型コロナに感染した人は下痢などの症状が出ることが多く、排泄物から感染してしまうリスクが高いです。そうならないように、トイレを使用する前には必ずアルコールで便座やペーパーホルダー、ウォシュレットのボタンの部分を消毒するようにしましょう。

トイレ掃除をする時はゴム手袋をし、マスクをした状態で行ってください。汚水がトイレ内に飛び散っている可能性がありますので、靴下やスリッパを履くことも忘れないようにしましょう。

・洗濯
できるだけ感染疑いがある人が着用したものとは、別々に洗濯するようにしましょう。
洗濯物にウイルスが付着していて、洗濯をすることで他の衣類に混じってしまう可能性があるからです。もちろん洗濯すればウイルスも除去されますが、念には念を入れて、分けるようにしましょう。

また、洗濯の際に利用する水は、できれば新しい水道水にしてください。お風呂の残り湯は、衛生面であまり好ましくありません。


こまめに換気をする

新型コロナウイルスの感染が広がり、感染しないためにはどうすればよいのか、改めて対策を考える機会も増えました。
世界的にみてもCOVID-19が拡がった影響で、今までマスクをする習慣のない国にもマスクは広がり、家から帰ってきたら石鹸で手洗いし、うがいをする人も増えたことでしょう。

家庭内で感染を防ぐために忘れてはいけないのが、換気です。
今は飲食店では、こまめに換気することが求められています。逆に、普段から換気する習慣のある焼き肉屋などは、他の飲食店に比べて安全ともいわれています。

家庭内でもこまめな換気は必要です。
定期的に窓を開けた状態でドアを開け、部屋全体の空気を入れ替えます。
浴室では換気扇があれば常に回し、台所の換気扇なども使って、家中の空気を入れ替えることを意識しましょう。普段に比べて電気代はかかってしまいますが、常に換気扇を回しておくことで、清潔な空気を保つことができます。


コロナ予防に用意しておきたいグッズは?

ここからは、コロナウイルスを予防するために家の中に用意しておきたい商品をいくつか紹介していきます。

・除菌アルコール ウェットシート
テーブルや人が触れた場所やものなど、軽くサッとひと拭きするのに便利です。
携帯用サイズを用意しておけば、手軽に持ち運びできるので、外出の際にも重宝します。

・アルコールスプレー
コロナに有効な表面活性剤が公表されていますから、該当成分がはいっているかどうか、パッケージを確認してアルコールスプレーを選びましょう。

・ソフトプラスチック手袋
トイレ掃除や除菌の際に、ウィルスや菌に直接触れないように手袋をして作業することが多いため、使い捨てタイプのプラスチック手袋は便利です。
ゴム手袋のように着脱が面倒ではなく、使い終わったらすぐに捨てられるので、おすすめです。

ひろしま水道職人では、広島市、広島市西区、広島市安佐北区、呉市、東広島市、竹原市などを中心に、コロナ対策を考えているご家庭からの相談を受け付けています。

会社規定である健康管理、消毒、マスク・手袋着用など感染予防対策を実施したうえで24時間365日年中無休でご相談をお待ちしております。トイレをウォシュレットに変えたい、蛇口のタイプを変えたい、などのお悩みや相談などがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315