【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 洗面所の詰まりを自分で解決する方法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の詰まりを自分で解決する方法

2021年01月29日 洗面所のトラブル
広島_5

洗面所は、家族みんなで毎日利用する場所です。利用する機会が多い反面、トラブルも起きやすく、常日頃から綺麗にしておかないといけません。

ただ、どれだけ気をつけていても、洗面所で詰まりが起きてしまうことは避けられません。もし詰まった場合は、どうすれば解決できるのでしょうか。
今回は、洗面所が詰まってしまう原因や、解消方法をご紹介します。

洗面所が詰まってしまうパターンとは

洗面所が詰まるのは、いくつかパターンが考えられます。
その中でもよくありがちな例を、いくつか紹介したいと思います。

・髪の毛が詰まってしまうパターン
洗面所での詰まりで最も多いと言ってもよいのが、髪の毛が詰まってしまうことです。
朝、ドライヤーで髪を乾かしたり、頭髪を整えるなど、洗面所では髪の毛に触れることが多いですよね。そうなれば自然と抜けた髪の毛が洗面所に流れていき、それが蓄積して、詰まりの原因となるのです。
もちろん洗面所にはヘアキャッチャーがありますが、それをすり抜けて、排水管の中に流れていくものもあります。

反対にヘアキャッチャーで溜まってしまって、水の流れを止めてしまっていることもあります。髪の毛だけでは詰まることはありませんが、石鹸カスや洗剤、ヌメリなどと合わさって大きな固まりとなり、詰まりの原因となるため、注意が必要です。

・固形物で詰まってしまうパターン
洗面所は、よく物を落としてしまう場所でもあります。
とくに、ちょっとした拍子に小さな物を落としてしまったことがある人は多いでしょう。大切な指輪を誤って落としてしまって取り出せなくなったという話も珍しくありません。

洗面所では、他にもヘアピンやピアスといった装飾物、歯磨き粉のフタなど細かな固形物を扱うことが多いため、どうしても落としやすくなります。

・水垢やヌメリが蓄積されるパターン
排水管の中には、目には見えなくても水垢やヌメリが蓄積されていることが多々あります。水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムが固形化して水垢となり、内部に付着し、大きな固まりとなることがあるからです。

また、シャンプーや石鹸、ヘアワックスなどのジェルが排水管へと流れていき、それが付着し、ヌメリとなります。これらは、髪の毛とも絡みやすくなるため、放置しておくと次第に大きくなっていき、詰まりの原因となってしまいます。


詰まりを直すに活躍するもの

では、詰まりを解消するためにはどうすればよいのでしょうか。
ここではどの家庭にもあるものや、簡単に用意できるもので、直し方をいくつか紹介したいと思います。

・お湯とストロー
最も手軽で簡単にできる方法が、お湯とストローを使った方法です。
熱湯ではなく、洗面所の蛇口から出る40~50℃ほどのお湯を使いましょう。まずヘアキャッチャーを外し、ヘアキャッチャーに絡まっているゴミを取り除きます。

そしてお湯を流しながら、排水口のパイプにこびりついている汚れを、ストローでかき出します。ストロー以外でも割りばしなどの細長いものがあればOKです。手前でこびりついた汚れがあるときは、この方法でほぼ解決できます。

・パイプユニッシュ
パイプユニッシュは、排水パイプ内に流し込むだけで内部の汚れを落としてくれる洗剤です。適量を流し込み、数十分待機し、あとは水で流すだけで問題ありません。

他にはピーピースルーという粉上の洗剤もあります。また重曹やクエン酸など、家庭にある洗剤を使って行うことも効果的です。

・ラバーカップ
トイレ詰まりのために利用することが多いラバーカップですが、洗面所でも利用することができます。
洗面所で利用する場合は、まず、ラバーカップで排水管をふさいだ状態で、水を一定量ためます。このとき重要なのが、蛇口の下にある小さい穴(オーバーフロー)を、粘着テープや雑巾などでふさぐことです。

オーバーフローとは、洗面所に水をためる際に、水が溢れないようにするための穴ですが、ラバーカップを使用するときにそのままの状態だと穴から圧力が逃げてしまい、効果が薄れてしまうので、気をつけてください。

ラバーカップがない場合は、ペットボトルでも代用が効きます。排水管にペットボトルを差し込んで空気を送り込む作業をするだけで、ラバーカップと同じような効果があります。


業者に頼むべきなのはどんなとき?

いろいろ試してみても自分で解決できないときは、早めにプロ業者に相談するのが一番確実です。自己判断で手を加えるとかえって詰まりの状態を悪化させてしまったり、排管の破損につながる可能性もあります。

また、水道業者は、各都道府県に必ず存在しますが、中には悪質な業者もいます。悪質な業者は料金を水増しして請求したり、必要のない修理工事をして、余分な費用を請求することもあります。

地域の水道業者を調べてみたけれどよくわからないという場合は、「指定給水装置工事事業者」かどうかチェックしてから、探すとよいでしょう。これは、各地域で、自治体から認可された水道工事業者なので、適正な工事をしてくれる業者と判断することができます。

ひろしま水道職人は、広島市や福山市、廿日市市、東広島市などを中心に、広島県内全域で水のトラブルを解決しているプロの集団です。今回紹介した洗面所の詰まりはもちろん、お風呂場、トイレ、キッチンなど水回りで何か不具合があれば、まずはご連絡ください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315