【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンメーカーごとの特徴を見極めて最適なキッチンを構成しよう!

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンメーカーごとの特徴を見極めて最適なキッチンを構成しよう!

2022年04月21日 キッチンのメンテナンス

新しく家を建てる際や家のリフォームを行う際、誰しもが内装・外装を納得のいくものにしたいと考え、強いこだわりをもって検討する方が多いでしょう。

しかし、キッチン一つにおいてもさまざまなタイプやメーカーが存在するため、多くの選択肢から選ぶ必要があります。

今回は、キッチンのタイプやメーカーごとの特徴を紹介していくので、選ぶ際の参考にしてみてください。

キッチンタイプごとの特徴


キッチンにはさまざまなタイプのものが存在し、それぞれ違った特徴があります。

ただ、タイプと言われても、どんなものがあるのかあまりイメージが湧かないという方も多いため、ここではキッチンのタイプを3つ紹介します。

キッチンを選ぶ際にはどのタイプが一番理想に近いのか、どのような点に重きを置くのかを考え、比較検討してみてください。

■システムキッチンの特徴
システムキッチンとは、シンク・ワークトップ・食洗機・レンジなどのユニットが一体となったキッチンのことです。サイズやレイアウトは最初から決められており、大手のハウスメーカーや工務店でも広く採用されています。

事前にサイズやレイアウトが決められているぶん、どのようなキッチンにしようか頭を悩ませる必要が少なく、コストパフォーマンスがいいうえに日々の手入れが楽というメリットがあります。

一方で、自宅の間取りに合わせてサイズを調整できないことや、素材・デザインの選択肢が少ない、キッチンに採用できる機器が限られてしまうというデメリットがあるため、多くの選択肢から自由に選んでキッチンを構成したいという方にはあまり向いてないでしょう。

■造作キッチンの特徴
造作キッチンとは、カウンターや天板、収納、シンクなど、キッチンに組み込みたい設備をそれぞれオーダーメイドで作るものです。自由度が高く、要望に合わせて思いどおりのキッチンを製作できるという特徴があります。

空間デザインと、素材、意匠を総合的に見て作ることもでき「キッチンには理想の形がある」「要望を詰め込んだキッチンにしたい」という人におすすめです。

また、リビングから見える部分だけを造作キッチンにし、本体部分はシステムキッチンを採用するといった要望にも柔軟に対応可能なため、より個性的な空間を演出できるでしょう。

費用面を心配する方もいると思いますが、収納に引き出しを設けずオープンな状態にする工夫を凝らすことで、製作費を抑えることも可能です。

■オーダーメイドキッチンの特徴
オーダーメイドキッチンは、自ら部材や設備をひとつひとつ選んで、世界に一つしかない個性的かつ理想のキッチンを作り上げられるという特徴があります。

なんといっても最大のメリットは自由度の高さで、住宅に合わせてレイアウトをミリ単位で変更することも可能です。逆にデメリットとしても、自由度が高いことが挙げられます。

どのようなキッチンにするのか一から考えなくてはならないため、デザインや構想にも時間がかかるでしょう。オーダーメイドキッチンを採用する場合は、ある程度の余裕をもってスケジュールを組む必要があります。

各キッチンメーカーの特徴と注目したいポイント


キッチンにはタイプだけでなく、さまざまなメーカーが存在します。

多くの人が一度は耳にしたことのあるメーカーや、聞き馴染みがなくても優れているメーカーが多く存在するので、ここでは5つのキッチンメーカーの特徴やポイントをご紹介します。

■TOTO
キッチンだけでなく水まわり設備全般で有名なのが「TOTO」です。

TOTOのキッチンには傾斜があり、水や料理の際のゴミが自然と排水口に流れていく「すべり台シンク」や、広い範囲を一度で流せる「水ほうき水栓」という機能がついています。

これらがあることによって、シンクを常に綺麗に保てるうえに洗い物を効率化し、節水が可能です。

■LIXIL
使いやすさやデザイン性に定評のある「LIXIL」では、キッチンまわりにおける掃除の手入れを楽にする機能が充実しています。

内部のディスクが空中に混ざった油をキャッチする「よごれんフード」があれば、レンジフードの内部が汚れないため掃除する必要がありません。

また、出した水が広がる「ひろびろシャワー」は洗い物の効率化を図れます。

■パナソニック
家電でも有名な「パナソニック」のキッチンには、レンジフードの油汚れを自動で掃除する「ほっとくリーンフード」が搭載。お掃除の手間を減らしたい人におすすめできます。

また、水や油をはじく性質の「スゴピカ素材」がシンクに使われていて、毎日のお掃除もラクになるでしょう。

機能性の高い設備や素材が備わっていることから、料理のしやすい環境を実現できます。

■クリナップ
質の高いステンレスを採用し、耐久性に優れている「クリナップ」は、綺麗さを保つ機能が充実しています。

ステンレスでキャビネットの骨組みを構成した「ステンレスエコキャビネット」は、湿気に強くカビやニオイの元を寄せ付けません。

ゴミを自然に排水口へ流してくれる「流レールシンク」は、繋ぎ目がなく掃除しやすい形状になっています。

■トクラス
デザインが優れている「トクラス」のキッチンは、高級感のある見た目や質感が魅力です。

人造大理石カウンターの「クラストン」は汚れが染み込みづらく、熱や衝撃に強い特徴があり、コーキングの繋ぎ目や段差がない「ハイバックカウンター」は、簡単な掃除で汚れを除去できるため、キレイな状態を長続きさせられるでしょう。

キッチンメーカーを選ぶ時の注意点


メーカーを選ぶ際は、優先順位を決める・ショールームで商品を実際に見てみる・施工会社へ相談するという3点がポイントです。

■優先順位を決める
キッチンを選ぶうえで、価格・機能性・デザインを意識しなければなりませんが、どの項目を優先するのか決めておくことで迷った際にメーカーを選ぶ指標になります。
■商品を実際に見る
ある程度どのキッチンがいいのか決まったら、写真で見るだけではなく、質感を見極めるためにもショールームに行って実物を触るのが一番です。

ショールームで実物を確認することで、リフォーム後のギャップを避けられます。

■施工会社へ相談
リフォームの施工会社は、キッチンのメーカーごとの特徴や、最新商品・機能などに詳しいスタッフがいます。

情報入手という意味でも、メーカーを選ぶ前に相談しておくことをおすすめします。

満足のキッチンリフォームを行うには


キッチンのリフォームは簡単に行えることではないので、もしリフォームを行うのであれば満足のいくものにしなければなりません。そのためには自分の中で何を一番重要視しているのかよく考え、各メーカーの特徴や違いをしっかりと把握したうえでキッチンを選ぶ必要があります。

また、施工にかかる費用に関しても不満や後悔がないように、一社だけでなく複数の業者から見積もりをとりましょう。

まとめ


キッチンで何を重視するのかは人によって異なりますが、ある程度の形・サイズが決められているシステムキッチンや、自由度の高いオーダーメイドキッチンなど、さまざまなタイプから選択することが可能です。

加えてキッチンメーカーも多く存在することから、リフォームにおいては自分に合ったタイプ・メーカーを見つけることが重要になってきます。キッチンのリフォームを行う際はその後の生活もイメージし、理想のキッチンを実現するためにも分からないことは何でもプロに相談してみましょう。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315