【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 便器と床の間からの水漏れ対処法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器と床の間からの水漏れ対処法

2021年09月17日 トイレのトラブル


最近、トイレの床が湿っているような気がする…、そう感じたことはありませんか?もしかすると、便器と床の間から少しずつ水が漏れているのかもしれません。わずかだからと言って長期間放置していると、水漏れが深刻化してしまう可能性があります。そうなってしまう前に、トイレから水が漏れる原因を特定しましょう。

便器が結露していませんか?

寒い時期のみ床が湿っている、というケースでは、結露が原因かもしれません。特に真冬など一定の時期しか発生しないのであれば、まずは結露を疑います。空気中に含まれる水が便器に付着し、滴り落ちることで床が湿ってしまうのです。このケースは水漏れではないため修理不要ですが、長時間床が濡れたままだとカビの原因になってしまいます。

結露を予防し、なるべく床が湿らないように注意しましょう。結露予防には、温度差をなくすことが最も重要です。定期的にトイレのドアを開け、換気を行いましょう。難しい場合は、ホームセンターなどで結露防止スプレーを購入するのがおすすめです。なお、スプレーの効果は2週間程度のため、定期的に行う必要があります。

フロートバルブが外れていませんか?

フロートバルブとは、トイレタンク内にある排水口の弁です。タンク内下部に取り付けられており、何らかの原因によって外れてしまうと水漏れが発生します。もし、トイレの水が止まらないために床まで濡れているという場合は、フロートバルブが外れていないかチェックしましょう。トイレタンクのふたを持ち上げて外し、フロートバルブが外れているようであれば突起部に正しく嵌め込みます。

これだけで直らない場合、フロートバルブが摩耗している可能性があります。この場合、新しいものに交換することで水漏れを解消しましょう。鎖とフロートバルブを外し、新しいものを取り付けます。次に止水栓を調節し、タンクの水位を確認しましょう。レバーハンドルを操作して洗浄を確認したのち、タンクのふたを閉めて完了です。

ナットが緩んでいませんか?

水漏れが止まらない場合はフロートバルブの異常が考えられますが、それとは逆に水を流した際だけ床に水が漏れている場合、配管のナットの緩みが原因かもしれません。緩んだナット部分からポタポタと水が垂れ、床を湿らせている可能性があります。この場合、モンキーレンチを使用して配管のナットをしっかり締め直しましょう。

自分では直せない水漏れ箇所とは?

結露やフロートバルブの摩耗であれば自分で対処可能ですが、水漏れの原因によっては、残念ながら自力で修理することはできません。

1.便器のヒビ割れ
便器は陶器でできており頑丈なため、少しの衝撃では破損しません。とは言え、非常に強い衝撃を受ければヒビ割れや欠けが発生する可能性があります。ヒビ割れが発生すると水が漏れ、程度によっては床が水浸しになってしまいます。

大量の水が漏れて階下まで浸水することもあるため、ヒビ割れを発見した際はすぐさま止水栓を閉め、念のため床に不要な布や新聞紙などを敷き詰めておきましょう。止水栓を閉めるとトイレが使用できなくなりますので、その日のうちに水道業者に連絡することがおすすめです。

なお、ヒビ割れと間違いやすいものがメタルマークです。メタルマークとは、陶器と金属が接触した際に、金属のほうが柔らかいために発生するすじ状のキズです。一見ヒビ割れのように見えますが、よく観察してみると黒~銀色のすじであることがわかります。メタルマークを除去するには、蛇口用クリーナーを使用しましょう。

2.トイレの設置不良
明らかに水漏れしているのにトイレタンクに原因がなく、結露やヒビ割れもない場合、トイレの設置不良が原因かもしれません。もし、トイレリフォームを行った直後などであれば、トイレの設置不良が疑われます。リフォームをしたことによる水漏れであれば、リフォーム業者に瑕疵があるため無料で修理をしてもらえるはずです。すぐに業者へ連絡し、修理を行ってもらいましょう。

一方、リフォームをしておらず突然水漏れが発生した場合や、水漏れの原因がわからない場合は水道業者に点検を依頼しましょう。

便器と床の間から水漏れした際はプロの水道業者に連絡しましょう

便器と床の間から水漏れしたまま放置していると、カビやフローリングの腐食など二次被害に発展するおそれがあります。少しの水漏れであっても、なるべく早く対処することで被害を最小限におさえられます。

ひろしま水道職人は、広島市、安芸郡府中町、海田町、坂町、熊野町、呉市、竹原市など、広島県全般でトイレの水漏れをはじめとした水回りのトラブルに素早く駆けつけている水道業者です。便器と床の間から水が漏れている場合や、トイレが詰まってしまった場合など、困ったトラブルが発生した際には「ひろしま水道職人」までぜひご相談ください。お電話一本でスタッフがすぐに駆けつけ、適切に修理いたします。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315