広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレが詰まっても焦らないで!簡単に解決できる方法とは

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレが詰まっても焦らないで!簡単に解決できる方法とは

2021年01月29日 トイレのトラブル
広島_4

トイレが詰まってしまうと、焦ってしまう人も多いでしょう。何となく他の人に助けを求めるのも恥ずかしく、自分で何とか解決しようと頑張ります。

ただ、正しい対処法をしないと、余計に事態を悪化させてしまい、結果的に家族に助けを求めたり、最悪の場合、業者に修理を頼まなければならなくなってしまうことも。

もしトイレが詰まってしまっても、焦らないでください。
今回は自分で簡単に解決できるトイレの詰まり解消方法をいくつか紹介していきたいと思います。

トイレ詰まりかどうか判断するには

明らかに水が流れなくなったら、トイレが詰まったと分かりますが、中には気づいていないだけで、実は詰まっていたなんてケースもあります。

トイレが詰まっているかどうか判断するには、どうすればよいでしょうか。
それには、3つの判断基準があります。以下のポイントを参考にしてみてください。

・タンクから流れる水の勢いが弱い
・便器から水の流れが悪い
・水位が下がらない


タンクから水の流れる勢いが弱い場合に関しては、タンク内部に何か原因がある可能性もあるので、まずはタンクを点検しましょう。
タンクに問題がないのであれば、便器内で詰まりが起きている可能性が高くなります。普段トイレを使った時とは少し様子が違うようであれば、トイレ詰まりを疑ってみてもよいでしょう。


トイレ詰まりを解決する方法

トイレ詰まりには、いくつか原因がありますので、原因に合わせた対処法が必要です。
ここではいくつかの方法を紹介いたしますので、原因と思われるものに合ったやり方を試していただければと思います。

・お湯を流してトイレットペーパーを溶かす
最も多い原因と言われているのが、大量のトイレットペーパーを流してしまうことです。特にウォシュレットを使わない人、少し潔癖気味の人に多い原因と言われています。

トイレットペーパーは一度に大量に流してしまうと詰まりが起きてしまうので、注意しなければなりません。もしトイレットペーパーの詰まりであれば、水溶性なので、時間が経てば、流れやすくなります。

ただ、早く溶かしたいという場合は、お湯を流しましょう。お湯を注ぐと水かさが増すので、事前にバケツやペットボトルで、便器に溜まっている水を減らしておくことが必要です。少し減らした状態で、40~60℃のお湯を少しずつ注ぎます。その状態で蓋をして30分ほど放置してから、数回に分けて水を流してください。

ここで注意したいのが、熱湯を使わないことです。熱すぎると便器を痛めてしまうので、必ず適度な温度のお湯にしましょう。

・ラバーカップで詰まりを直す
トイレのスッポンと呼ばれているラバーカップを使って、詰まりを直すことができます。
スッポンは、棒の先にゴム製のカップが取り付けられている道具です。
排水口に押し込み、引っ張る動作をすることで、空気圧で奥の詰まりを直すことができます。
ここで気をつけたいのは、水位です。
水位が低いとラバーカップは効果を発揮しないので、いつもより少し水位を高くしましょう。
また、水位を高くすることで、作業する時に、水が周囲に飛び散ることがあります。周辺には、新聞紙やラップなどを敷いて、汚れないようにしましょう。

・液体洗剤を使って溶かす
キッチンハイターや洗濯用に洗剤を使うことで、中にある異物を溶かして流しやすくすることができます。
これも、便器の中の水を、バケツやペットボトルを使って、少し減らしておく必要があります。
その上で、100ccほどの液体洗剤を注ぎ、40~60℃のお湯を入れて、20分ほど放置しておきます。
その後に水を流すことで、詰まりとなっている異物が溶けて、流れやすくなります。


トイレ詰まりは自然に直るって本当?

トイレ詰まりが起きた場合、無理に自分で直そうとせずに、少しの間放置しておけば、その後自然に直るという話があります。それは本当なのでしょうか。答えは、時と場合によります。

確かに放置しておいても、自然に解決することがあります。
それは、詰まりの原因が大便やトイレットペーパーの詰まりだった場合です。トイレットペーパーは、時間が経てば経つほど、水に溶けていきます。これは、トイレットペーパーには水解紙という素材が使われていて、水に浸かるとふやけて縮んだり、溶けたりするから。だから時間がたてば、勝手に流れていくのです。

また大便も、水圧で崩れたり、水分を含んで柔らかくなりますので、水に浸かり続ければ、詰まりが解消されていくのです。

一方、詰まりの原因が水に溶けないような固形物を落としてしまったというケースは、放っておいても解決しません。スマホや洗剤などのキャップ、おもちゃなどを誤って便器に落としてしまい、それが奥で詰まった場合は、いくら時間が経っても、解決はしません。

もし自分で取り出せないような位置に行ってしまったのであれば、業者を呼んで解決するしかありません。

ひろしま水道職人は、トイレ詰まりをはじめとした、水のトラブル全般に対応しています。呉市、東広島市、三原市、竹原市などを中心に広島県全域で、問題解決をしています。もし水道トラブルで困りのことがあれば、まずはお気軽にご相談くださ


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315