【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 広島でよくあるトイレの詰まりとトラブル対処法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

広島でよくあるトイレの詰まりとトラブル対処法

2021年01月29日 トイレのトラブル
ひろしま水道職人7

トイレを詰まらせる原因に注意を

トイレが詰まると汚物などが逆流して溢れるなど衛生的にも悪く、気持ち的にも嫌な思いをするだけでなく、その後トイレを使用できなくなって困ります。

人間にとって生理的な営みができなくなると健康にも影響が生じるため、直ぐにでも直さなくてはなりません。
万が一、詰まらせてしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。
汚物などが見られるのは恥ずかしいため、できることなら自分で解決したいという方は少なくありません。

一方、近年増えているのが汚物や大量のトイレットペーパー、嘔吐物など、通常トイレで想定されるつまりの原因以外のつまりです。
本来流してはいけないものを流したり、ついうっかり落としてつまらせるケースが増えているため注意が必要です。

想定されるつまりの原因

糞便や嘔吐物、トイレットペーパーなど、トイレに流すことが想定されているものとは、水に溶ける性質のものです。
ただし、便器の水流や水圧など便器の能力の関係や、処理の能力の限界を超えてしまうとつまることがあります。
糞便や嘔吐物が一度に大量に流されたり、必要以上に大量のトイレットペーパーを流すとつまってしまうことがあるので注意しましょう。

万が一、詰まってしまった場合、いわゆるスッポンを使うことで詰まりの解消が期待できます。

スッポン利用に注意が必要なつまりの原因

駅や公園のトイレなどトイレットペーパーが設置されていないトイレでは、手持ちのティッシュペーパーを使うことがあるでしょう。
もっとも、本来、ティッシュペーパーはトイレでは使わないほうがいいものです。

ティッシュペーパーはトイレットペーパーと異なり、水に溶けにくいので、ご家庭や商業施設などの水洗トイレにはトイレットペーパー以外は流さないよう注意書きが表示されているケースが少なくありません。
ティッシュペーパーの中には水に流せるタイプもありますが、水に溶けないタイプのティッシュペーパーをトイレットペーパー代わりに常用するのは避けましょう。
水に溶けるタイプのティッシュペーパーを一度に大量に使うなどしてつまらせた場合は、スッポンで解消してもいいですが、水に溶けないタイプのティッシュペーパーを長期で使っているうちに詰まった場合には注意が必要です。

便器の排水管内に滞って通り道を塞いでいる可能性があります。
トイレクリーナーやお掃除シートも、流せるタイプ、流せないタイプがあります。
水に溶けない流せないタイプを流してしまうとつまりの原因になるので注意しましょう。
水に溶けないティッシュペーパーやトイレクリーナーやお掃除シートの場合、スッポンを使っても解消できないので、修理業者を手配することが求められます。

けっして流してはいけないつまり

最近では驚くことにオフィスビルや商業施設などのトイレの中でランチを食べる人が増えています。
食事のために長時間トイレにこもることが社会問題として取り上げられましたが、もっと困るのは食べ残しを便器に捨てて流してしまうことです。

ご家庭でも一人暮らしの方など、生ごみを捨てるのが面倒だからとトイレに流している方はいませんか。
ちょっとくらいなら大丈夫かもしれませんが、咀嚼もしていないパンやご飯といった固形物をそのまま流したり、油脂が大量に使われているお惣菜などを流すとつまりの原因になるため、流すのはやめましょう

汚物入れに捨てたいつまりの原因

生理用ナプキンや赤ちゃんや高齢者向けのおむつやおむつパンツ、おしりふきなども、水には溶けないので流してはいけません。
汚いからとか、後で処分するのが面倒と流せば、直ぐにつまりの原因になります。

特におむつは水を吸って膨らむ性質のため大変なことになってしまいます。
1枚くらいと流してつまったら、直ぐに汚物ばさみなどを使って取りだしてください。
スッポンを使って奥へと押し込んでしまうと、内部でつまり、便器着脱によって取り除かなければならなくなります。
ナプキンやおむつ、おしりふきは汚物入れや専用のゴミ箱に捨てましょう。

ペットを飼っている方がしてはいけないこと

ペットを飼っているご家庭では、ペットシートやペットのトイレ砂などを使っていると思いますが、トイレに流してはいけません。
汚い、臭いが気になるとトイレに流す方がいますが、ペットシートは水に溶けず、トイレ砂は水に溶けない固形物なので直ぐに詰まりの原因になります。
便器着脱による除去が必要になりますので、便器に流してはいけません。

ついうっかりに気を付けたい

消臭剤のキャップをはじめ、ズボンや上着のポケットに入れていたライター、手に持っていたハンカチをうっかり落としたり、トイレでいじっていた携帯電話やスマホ、子どもが持ち込んだおもちゃをうっかり落としてしまうトラブルが増えています

消臭剤のキャップやライターなら、排水溝まで流れ落ちてくれることもありますが、便器内部でぶつかったような異音がしたり、水の流れが悪くなった場合には内部で詰まっている可能性があります。

こうした大きな固形物はスッポンを使うと余計に奥に詰めてしまうので、汚物ばさみで取り除くか、取り除けん売場合には修理業者を手配し、便器着脱によって除去することが必要です。

トイレが詰まって困った時には

ひろしま水道職人は広島市、安芸郡、呉市、福山市、竹原市、尾道市、安芸大田町など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレの詰まりをはじめ、浴室や洗面所、キッチンなど水回りのトラブルでお困りの際には、どうぞお気軽にひろしま水道職人にお問い合わせください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315