【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 便器に流してはいけないものとは?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器に流してはいけないものとは?

2021年08月08日 トイレのトラブル


誤って便器にものを落としてしまった経験はありませんか?
服のポケットに入れたタオルハンカチや、アクセサリー、スマホなどは特に落としてしまいがちです。
もし、こうしたものを便器に落とした際はどうすればよいのでしょうか。

今回は、便器に異物を落とした際の対処方法と併せて、トイレに流してはいけないものをいくつか紹介します。

すぐに拾うことが最重要ポイント

便器に異物を落としてしまった際に最も大切なのは、すぐに取り除くことです。
異物が奥まで入り込んでしまうと、自力で取り出すことが困難になってしまいます。
落としてしまったことに気づいたら、水を流さず、落ち着いて拾いましょう。

この際ラバーカップなどの道具で無理に異物を取り出そうとすると、かえって奥のほうまで落ちてしまう可能性があります。
そのため、見える範囲にある異物はできるだけ手で取り出すのがおすすめです。
手であれば、ピアスなどの小さいものでもしっかりつまむことができます。
汚れが気になる場合でも、ゴム手袋やポリエチレン手袋を着用すれば大丈夫ですよ。

排水管まで落ちてしまった際はすぐに業者を呼びましょう
スマホやペン、メガネといった大きなものを落とした際、奥まで入り込んでしまうことはまずありません。
万が一排水管まで落ちてしまった場合、自力で取り出すことが難しいため、無理に取ろうとしたり、水を流したりすることは避けましょう。

また、指輪などのアクセサリーや小さなおもちゃを落として見えなくなってしまった場合についても同様で、水を流すことは避けてください。
排水管まで異物が侵入した際は、すぐに水道業者まで連絡しましょう。
異物が落ちたままではトイレを使用することができないため、なるべく早く駆けつけてくれる業者であれば嬉しいですね。


トイレに流してはいけないもの

トイレに流してはいけないものを知らずに流してしまっていませんか?
こうした行為は、トイレ詰まりや水漏れの原因となります。

1.ペットの糞
ペット(犬・猫など)を飼っている場合、当然のことながら糞の処理をしなくてはなりません。
お散歩の際、ペットが糞をしたら持参したビニール袋に入れて持ち帰りますよね。
こうして持ち帰った糞をトイレに流していませんか?

実は、持ち帰った糞には石や砂利、草といった異物が付着しています。
こうした異物はトイレ詰まりの原因となりやすいため、持ち帰った糞は面倒でも可燃ごみとして処分するのがおすすめです。

嫌なニオイが気になる場合、防臭袋を使用しましょう。
普通のゴミ袋と違い、特殊な加工がされているため、糞のニオイが気にならなくなりますよ。
菌を通すこともないため、衛生的に使用できます。

2.髪の毛
お風呂の排水口掃除などで出た髪の毛をトイレに流していませんか?
髪の毛を流すと、排水管内で汚れと絡まり、詰まりが起こったり水が溢れたりする可能性があります。
掃除の際に出た髪の毛や汚れはトイレに流さず、ゴミ袋に入れて可燃ごみとして処分しましょう。

3.「トイレに流せる」製品
「トイレに流せる」と謳われた商品でも、一度に大量に流してはいけません。
流せるおしりふきや流せるトイレブラシなど、「トイレに流せる」製品は多種多様です。しかし、これらの商品はトイレットペーパーと違って強度があるため、一度に大量に流すと詰まりの原因となります。

もし「トイレに流せる」製品を使用したら、1枚ごとに流すなど詰まらない工夫をしましょう。
不安であれば、袋に入れて可燃ごみとして処分するのがおすすめです。

4.天ぷら油
使い終わった天ぷら油をトイレに流していませんか?
油をトイレに流すと、排水管の詰まりに発展する可能性があります。

さらに、環境破壊に繋がってしまうため、油は決して流してはいけません。
魚の住める水質を保つには、例えば油を20ミリリットル流した場合、20杯ものお風呂の水が必要と言われています。

使用済みの油はトイレ・キッチンどちらにも流さず、吸着パッドなどで拭き取って可燃ごみとして処分しましょう。
油の凝固剤や吸着パッドは100円均一やドラッグストアで入手可能です。


トイレのトラブルはプロにおまかせしましょう

トイレにスマホなどの異物を落としてしまった際、すぐに拾うことができれば問題ありませんが、排水管まで落ちてしまった場合や流せないものを流してしまった場合、自力での対処は困難です。

できるだけすぐにプロの水道業者に依頼し、異物を取り除いてもらいましょう。
直ちに問題が発生しないからといって落とした異物をそのままにしておくと、便器や排水管のひび割れや破損の原因になる可能性があります。

ひろしま水道職人は広島市、呉市、東広島市、三原市、尾道市、廿日市市など広島県全般で、トイレの詰まりをはじめとした水まわりのトラブルを解決しています。
トイレに異物を落としてしまった際だけでなく、キッチンや洗面台、風呂場など水回りの困りごとが発生した際は、どうぞひろしま水道職人におまかせください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315