【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレつまりの原因と対処方法を教えます

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレつまりの原因と対処方法を教えます

2020年12月25日 トイレのトラブル
ひろしま水道職人1(2020年12月納品分)

トイレがつまっても慌てない

水のトラブルのなかでも比較的頻繁に起こるのが、排水管のつまりです。
排水管に何か異物があり、排水の流れが悪くなってしまうのです。大きな異物が混入して急に流れが悪くなることもあれば、長い時間をかけて蓄積されて徐々に流れが悪くなっていくこともあります。トイレのトラブルでもしばしばつまりが起こり、水を流したときに流れが悪くなります。

突然水が流れなくなれば、びっくりしてしまうことでしょう。でも、基本的に便器の外にあふれ出してしまうことはありませんので、まずは慌てないことです。もちろんつまっている状況でもう一度水を流せば、あふれてしまいますのでそれはNGです。

慌てないでどのような対処法があるか考えてみましょう。トイレの詰まりはDIY(自力)で解決できる場合も少なくありません。


タンクに原因がある場合

トイレがつまってしまう場合の原因として、タンクに原因がある場合と排水管に原因がある場合の大きく2つが考えられます。
タンクに原因がある場合というのは、その多くはそのトイレにあった適量の水がきちんと流されていないということです。水の量が少ないために、排水管がつまるのです。

よくあるケースとして、節水のためにペットボトルに水を入れて蓋をし、タンクのなかに入れているケースです。ペットボトルの容量分、タンクにたまる水を節約することができるわけです。一回に流す水の量が多い旧型のタンクを使っている方のなかに、このペットボトル節水を行っている方が少なくないようですが、結局これがつまりの原因となってしまいます。

まずは節水用のペットボトルなどの異物を取り除きましょう。タンク内の水面を次に確認してください。水位線より低い位置にある場合は水量を既定の水準に達していません。このような場合は説明書に従って水量を調整する必要があります。

しかし水位線まで水がきちんとあるのにもかかわらずつまってしまうような場合は、タンクに原因があるのではなく排水管に原因があると考えられます。なお、本来大で流さなければならないところを小で流していると、きちんと流れていかなくなるので要注意です。


DIYの秘密兵器ラバーカップ

トイレの排水管がつまったときの対応策として、まず思いつくのがラバーカップ(スッポン)ではないでしょうか。
排水管のなかの水を吸い上げて撹拌させることができるまさに秘密兵器のような道具で、ホームセンターや100円均一ショップにも売っています。一つ持っているといざというときに安心です。

排泄物やトイレットペーパーが原因であれば、簡単につまりを解決することができます。ラバーカップがない時は、ラップを使う奥手があります。
まずは便器をラップで何重にも覆ってください。次に両端をセロハンテープでしっかり止めて水があふれないようにしましょう。この状態で水を流してください。するとラップが盛り上がってくるので、手で押し返します。
何度も押していると水が撹拌されて、ラバーカップを使用したときと同じような状況になるわけです。ただラバーカップを使ったほうがはるかに簡単です。


ハイターや洗剤を使ってみよう

排水管に詰まっているものを家にある身近なものを使って溶かすという方法もあります。
使用するものはハイターや洗剤などです。ハイターに含まれている塩素系の成分が尿石を分解する効果があります。長年使い続けているトイレでは、目に見えない部分にまで尿石が付着し、それが諸悪の根源となっていることがあります。

40~60度くらいのお湯に薄めたハイターを便器のなかに入れ、10~30分程度放置してください。これで水がきちんと流れるのであれば、尿石が原因による問題が解消します。なお高温のお湯は便器が割れてしまう原因となるので注意しましょう。

洗剤に関しては、洗剤の成分のなかにタンパク質を溶かす成分があります。そのため排便を溶かすことができるわけです。
食器用洗剤100mlを便器のなかに入れ、その後から40〜60度くらいのお湯を注いで20分程度放置します。すると便がやわらかくなって溶け、つまりが解消するでしょう。


最後は業者へ

自分でやってもうまくいかない場合や自信がない場合は専門の修理業者に頼みましょう。
特に排水管のなかに水や薬品では溶けない固形物が流れてしまったときや、長年の間蓄積された異物をスッキリと取り除きたいといった場合には、素人の手には負えません。

専門の業者は実績と経験が豊富にあり、専門の道具を駆使しながら状況に合わせてトイレつまりを解消していきます。作業終了後には流れが良くなるのはもちろんのこと、悪臭などもしなくなり、快適なトイレが復活しますので、頼んで良かったと思うことでしょう。
またトイレにも寿命があるので、古い場合には新しい最新のものに交換することも視野に入れることをおすすめします。


ひろしま水道職人の対応可能エリア

ひろしま水道職人は広島市・福山市・呉市・東広島市・三次市・尾道市・三原市など、広島県全般のエリアに対応可能です。
連絡一本ですぐに駆け付ける、経験が豊富なプロの職人たちです。トイレのつまりだけでなく、様々な水回りのトラブルをスピーディーに解決します。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315