【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの床周りで水漏れが起きる原因と修理方法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床周りで水漏れが起きる原因と修理方法

2021年07月20日 トイレのトラブル


トイレの床周りで水漏れが起きる原因4つ

トイレの床周りで水漏れが確認できたとき、主に5つの原因が考えられます。

・床と便器の隙間
便器の周囲に水が溜まっている場合、便器の設置不良や排水管の破損などが考えられます。設置不良とは業者が必要な部品を忘れていた、排水管との接続部分がズレていたなどが原因で起こる水漏れです。排水管は経年劣化により一部破損すると、そこから水漏れします。これらが原因の場合、トイレの水を流したあとに床と便器の隙間から少しずつ汚水が染み出してきます。

・トイレタンクからの水漏れ
トイレタンクは内部の部品不良やタンクの破損などにより水が漏れ出してきます。具体的な水漏れ箇所は次のとおりです。

●タンクや便器から伸びている給排水パイプ
●タンクの底
●レバー部分
●タンクの蓋(手洗い部分)
●手洗い管

便器の裏側からポタポタと音がする、タンク下の床に水が溜まっているといった場合は上記のどれかが原因かもしれません。

・便器のひび割れ
便器本体がひび割れすると、そこから水が漏れ出す可能性があります。便器の素材は陶器であることが多く、強い衝撃が加わると割れてしまうケースも少なくありません。硬いものをぶつけたり、便器に過度な重量をかけたりするとひび割れする恐れがあります。

・止水栓内部の劣化
止水栓の内部には水漏れを防ぐパッキンが使われています。このパッキンが劣化すると内部に隙間が生まれて水漏れします。止水栓はタンクの横、便器の後ろ側に付いているので、その周囲から水が垂れているときは止水栓を疑いましょう。

水漏れしたときの対処方法

トイレの床で水漏れを確認したときは順を追って対処し、状況が悪化しないようにしましょう。

・まずは水をすべて拭き取る
床はもちろん、便器やタンクにも水滴が残っている場合はまず拭き取りましょう。水をそのままにしておくと、床が腐食する可能性があります。汚水の場合は臭いも残ってしまうので、除菌シートやスプレーなどで床を除菌しておくことも大切です。

・水漏れ箇所や現状を確認する
水をすべて拭き取ったあとは一度水を流して、以下のポイントを確認します。

●便器と床の隙間
●漏れている水の色
●タンクの全体(上部からレバー、底など)
●便器全体
●止水栓

どこからも水漏れしていない場合は、便器についた結露が原因かもしれません。便器と空間の温度差が大きいと結露が発生し、その水滴が床に落ちるため水漏れしているように見えます。

・止水栓を閉める
問題の箇所が確認できたあとは止水栓を閉めて、これ以上水漏れしないようにします。止水栓はトイレに水を流すための元栓です。閉めていないと水が流れ続けてしまい、水漏れも止まりません。修理するまでの応急処置として行っておきましょう。

水漏れ原因別の修理・交換について

水漏れの原因ごとに修理・交換方法は異なります。状態によっては業者へ依頼しなければならないケースもあるので、それぞれの修理・交換方法を見ていきましょう。

・便器と床の隙間が原因の場合
便器の設置不良や排水管の破損は自分での修理・交換をおすすめしません。便器そのものの破損につながったり、うまく便器を設置できなかったりします。余計な費用を発生させないためにも、取り付け業者や水のトラブルを専門に請け負っている修理業者へ依頼しましょう。

・トイレタンクが原因の場合
トイレタンクの場合、自分で修理交換できるケースもあります。以下のようなパーツがあれば、自分でも修理・交換は可能です。

●オーバーフロー管(水量を調節する)
●浮きゴム(水の流れを調節する)
●ダイヤフラム(給水管内部の水圧調整する)
●手洗い管とホース(タンク上部から水を供給する)

オーバーフロー管や浮きゴム、ダイヤフラムの交換パーツはホームセンターでも販売されています。手洗い管は水を供給するホースとつながれており、接続部の緩みやホースの破損などで水漏れします。接続部が緩んでいるだけであればナットを締め直し、破損の場合はホースを交換しましょう。

・便器のひび割れが原因の場合
便器のひび割れが原因であれば、便器そのものを交換しなければなりません。小さなひび割れはホームセンターで販売されている補修キットで応急処置ができます。しかし、水漏れするほどの大きなひび割れは、応急処置しきれない可能性があります。業者へ依頼して新しい便器と交換してもらいましょう。

・止水栓が原因の場合
止水栓内部のパッキンが劣化しているのであれば、自分で修理・交換ができます。手順は次のとおりです。

1.止水栓を閉めます
2.止水栓のナットを外します
3.内部のパッキンを交換します
4.ナットを締め直します
5.止水栓を開けて水が問題なく流れるか確認して終了です

交換用のパッキンはホームセンターでも販売されています。

トイレ周りで水漏れが起きたときはひろしま水道職人へ!

ひろしま水道職人は広島市、呉市、福山市、尾道市、三原市、竹原市、廿日市市、大竹市など、広島県内さまざまな地域へ修理に伺います。トイレの水漏れやキッチンの排水溝詰まりなど、どんなトラブルにも対処できます。水回りで困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315