【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの詰まりを解消する方法!業者に依頼すべきケースとは?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりを解消する方法!業者に依頼すべきケースとは?

2021年03月25日 トイレのトラブル


トイレが詰まりかけているときの症状

「何となくいつもと様子が違う」と感じるときは、トイレが詰まりかけている可能性があります。
完全に詰まるとトイレが使えなくなってしまうため、詰まりの予兆にいち早く気づき、早めに対処することが大切です。
トイレが詰まりかけているときには、水の流れが悪い、便器の中の水位がいつもより低い、水を流すとボコボコという音がするなどの症状が現れます。

特に、「水の流れは悪いがなんとか流れている」という状態だと、簡単に直ると思ってすぐに対処せず、そのまま放置してしまいがちです。
しかし、この状態を放置すると排水管の中でさらに詰まりが起こり、悪化してしまうことになるでしょう。

いつもより流れが悪いことに気づいたら、できるだけ早めになんとかしなければなりません。
また、便器から異臭がするのも、詰まりの予兆となる症状の一つです。
排水管の中などに排泄物が引っかかって臭いを発していることが考えられます。
いつもはしない臭いを感じるときは、詰まりを疑ったほうがよいでしょう。


トイレの詰まりは何が原因なのか?

トイレが詰まる原因はいくつか考えられます。
特に多いのが、便器に異物を落としてそのまま流してしまうことでしょう。
アクセサリーやペン、メガネ、タオルなどをうっかり流してしまったり、小さな子どもがおもちゃを便器に入れて流してしまったりした例もあります。
赤ちゃんがいる家庭では、オムツやおしり拭きを誤ってトイレに流してしまうことも珍しくありません。

また、ペットの糞を流すと詰まりの原因になることがあるので注意が必要です。
特に、散歩の際に外でした糞には、小石や草などがまとわりついています。
そのまま流すと排水管の途中に引っかかり、水が流れにくくなってしまう恐れがあるでしょう。
ペットの糞には毛なども付着しているため、トイレに流すのは絶対にやめてください。


自分で直すか業者に依頼するかの判断基準

トイレが詰まったとき、自分で直せる場合と業者への修理依頼が必要な場合があります。
トイレットペーパーを使い過ぎたことが原因なら、時間の経過とともに溶けて詰まりが改善される可能性があるでしょう。

また、ゆっくりと便器の中の水位が下がってきている場合は、完全に詰まっていないので自力でなんとかなるはずです。
異物を落として奥まで入り込んでしまった場合や、自分で対処しても効果がない場合は、早めに業者へ連絡することをおすすめします。
放置すると詰まりが悪化してトイレが故障し、便器の交換が必要になる可能性もあるのです。
そうなると高額な費用がかかるので避けなければなりません。


自分でできる詰まりの解消方法と注意点を紹介

自分で詰まりを解消する方法はいくつかあります。
まずは、バケツに入れた水を便器の中に勢いよく流し込んでみましょう。
何度か流し込むと、水圧によって詰まりが解消される可能性があります。
トイレットペーパーが詰まっている場合は、40~60℃程度のお湯を流し込むと溶けやすくなるのでおすすめです。

この方法で解消されない場合は、ラバーカップやパイプクリーナーなどのアイテムを使用してみましょう。
パイプクリーナーは固形物による詰まり解消にも役立つ場合があります。
ラバーカップやパイプクリーナーは、ホームセンターや通販で簡単に手に入るため、常備しておくと安心です。
自分で詰まりを直すときは、ウォシュレットの電源コンセントを抜き、感電を防いでください。
また、給水管の止水栓を閉めてから行うようにしましょう。止水栓が開いたままだと作業中にレバーにぶつかって水が流れ、便器から溢れる可能性があります。


トイレの詰まりを予防するポイント

トイレの詰まりは普段から気をつけることで予防できます。
まずは、トイレットペーパー以外のものを流さないようにしましょう。
ティッシュで代用することもあると思いますが、ティッシュは水に溶けないのでトイレに流してよいものではありません。

また、赤ちゃんのおしり拭きやタバコの吸い殻などは決して流さないようにしてください。
トイレ掃除シートも「水に流せる」と書いてあっても、一気に流すと詰まることがあります。
ゴミ袋に入れて処分するか、少しずつに分けて流すようにするとよいでしょう。

そのほかにも、便器の中に落ちないよう、周辺にはなるべくものを置かないようにする、スマホやゲーム機などをトイレに持ち込まないなどの心がけも必要になります。
トイレットペーパーの使い過ぎを防ぐために、できるだけウォシュレットを使うようにするのもおすすめです。

ひろしま水道職人は広島市、福山市、呉市、東広島市、三次市、尾道市、三原市など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。「トイレが詰まった」「自分で詰まりを解消できない」など、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひろしま水道職人にお問い合わせください


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315