【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 水漏れが原因で起こるさまざまな被害

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水漏れが原因で起こるさまざまな被害

2021年06月09日 水漏れトラブル


洗面所やキッチンをはじめ、家の水まわりで起こるトラブルの中で、いちばん周囲への被害が大きいのは水漏れではないでしょうか。水が漏れていることにすぐに気がつき適切な対応ができればさほど大きな影響は出ないことが多いですが、排水パイプや床下の排水管からの水漏れなどはすぐには気がつけないことも多く、被害が大きくなってから発覚することもしばしばあります。

そこで今回は、水漏れが原因で起こる床の被害についてご紹介していきたいと思います。少量だからと水漏れを放置している方、キッチンのシンクや、洗面台下の収納スペースにある内部の床の状態を、しばらくチェックしていない方は、ぜひこれを機に水漏れトラブルに向き合ってみてください!

床の水漏れが起こる原因

すぐに気がつくことはかなり稀な、床下からの水漏れ。どのような原因で起こるのか、主なものをまとめました。心当たりがある方は、早めに床下の状態をチェックしてみてください。

・給水管のトラブル
床下にある給水管から、経年劣化によってヒビ割れ・破損したり、配管のつなぎ目がゆるんだりといったトラブルで水漏れすることがあります。

給水管は水道管から水を引く役割がありますので、給水管からの水漏れとなるとほぼ常に水が漏れていることになります。そのため漏れる水の量も多く、二次被害が大きくなりやすい上に水道代がかさんでしまいます。逆にいえば、水道代が急に高くなることがサインでもありますので、心当たりがないにもかかわらず水道代が妙に高いときには、給水管のトラブルを疑ってみてください。

・排水管のトラブル
排水管と同じように、経年劣化によってヒビ割れを起こしてしまったり、配管どうしのつなぎ目がゆるんだりして水漏れが起こります。排水管からの水漏れの場合、給水管の水漏れと違い水道を使ったときにしか水が漏れないため、比較的漏れる水の量が少ないのが特徴です。しかし、基本的に使用後の汚水が垂れ流されることになるので、不衛生な状態になってしまいます。

・雨水が侵入している
給水管や排水管ではなく、外から雨水が侵入してきていることにより床下が濡れることがあります。マンションやアパートではあまりないケースですが、戸建て住宅では配管を通すための穴から水が侵入することがあります。

・床下の換気が十分でない
床下の換気が上手くできておらず湿気がこもると結露が大量に発生し、ひどい場合には水漏れが起きたかと思うほどに濡れてしまうことがあります。普通は、ここまでひどい状態にはなりませんが、梅雨の時期だったりもともと湿気の多い土地だったりと、複数の条件が重なれば起こる可能性があります。

二次被害が深刻な床の水漏れ

床下での水漏れは、二次被害が深刻なのも特徴です。どのような二次被害の可能性があるのかご紹介します。

・木材の腐食
戸建て住宅では、柱など木材でできている箇所が水に濡れたのが原因で、腐ることがあります。マンションやアパートのような集合住宅でも、フローリングまで水で濡れていると腐ってしまう可能性があります。フローリングは張り替え、柱も修繕する必要があります。

・釘など金属でできているパーツの腐食
金属も水には弱いため、床下で水漏れが起きるとさまざまな金属のパーツが錆びたり腐食したりしてしまいます。

・カビの発生
水漏れにより床下の湿度が上がると、カビが発生しやすい環境が整ってしまいます。床下だけではなく、フローリングや畳までカビてしまうことも。

・ダニやシロアリがわく
湿度の高さは、カビだけではなくダニやシロアリといった害虫も呼び寄せてしまいます。特に木材を食べてしまうシロアリは、家そのものをぼろぼろにしてしまうため注意が必要です。

・階下への被害
集合住宅で床が水浸しになるような水漏れが起きた後すぐに対処できずにいると、階下の部屋にまで水が漏れ出すことがあります。階下の部屋からすると、天井から水が染み出してくる形ですね。天井から水が垂れて、家具など部屋の中のものが濡れたり、コンセントや家電製品などが濡れたりして漏電につながることも。

管理会社や専門業者へ速やかに連絡しよう

一度床下で水漏れが起こると、さまざまな二次被害を引き起こし、時間が経てば経つほど状況が悪くなってしまいます。床の水漏れに気がつくと慌ててしまうかと思いますが、まずは落ち着いて、賃貸にお住まいの場合には管理会社に、持ち家の場合には専門業者に速やかに連絡し、施工の問題も含めて水漏れの原因を調査してもらいましょう。場合によっては、火災保険が適用されるので、保険会社へもすぐに連絡することをおすすめします。

自分では対処しきれないトラブルだと感じたらすぐに水道修理業者へ

床に被害が出るほどの水漏れとなると、自力で対処するのはかなり難しいかもしれません。また、床の状態を正しく把握することも、不慣れな方にとっては難しいかと思われます。どのような対処が適切か、正しく判断し実行するためにも、無理はせず速やかに水道修理業者へ連絡することをおすすめします!

ひろしま水道職人では、三次市や東広島市、廿日市市、大竹市など、広島県のさまざまなエリアで水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けております。水漏れに関するお問い合わせにももちろん対応しておりますので、お困りの際はぜひお気軽に、ひろしま水道職人までお問い合わせください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315