【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 便器のヒビ割れ原因と補修の方法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器のヒビ割れ原因と補修の方法

2021年05月06日 トイレのメンテナンス


便器から水漏れが発生した場合、いろいろな原因が考えられます。しかし、原因によってはどう対処するのかわからない場合もあるでしょう。たとえば便器にヒビが入っている場合などです。そこで便器のヒビ割れを引き起こす原因や、補修の方法などをいくつか紹介していきたいと思います。

便器のヒビ割れが発生する原因

便器のヒビ割れが発生する理由はいくつかありますが、現在トイレの大半は陶器製となっています。陶器というのはとても優秀な素材であり、便器だけではなくお皿や湯飲みなどにもよく使用されているのは知っているでしょう。なぜ陶器製がよく使用されるのかというと、陶器は強度が高い上に、劣化しにくい素材だからです。それでも経年劣化は避けられるものではないですし、強い衝撃が加わることで割れてしまうこともあります。このように優秀な素材である陶器にも、実はデメリットが存在しているのです。

また、外的な衝撃に対しては強くはないため、衝撃を受ければ、便器がヒビ割れすることもあります。経年劣化していれば、なおさら外的な衝撃に弱くなってしまいます。そこで重要なのは、掃除をするときやトイレを使用するときには、あまり強い衝撃を加えないように注意することです。

・ブラシを便器にぶつけたり落としたりしない
・フタを落とさないように注意する
・便器を踏み台にしない
・スマートフォンや鍵など落としやすい物を持ち込まない


このような点に気を付けていれば、滅多に便器のヒビ割れが発生することはないでしょう。ただし、もう1つ便器には欠点が存在しているのです。

それは急激な温度変化に弱い点なのですが、陶器は寒い場所にあると冷え切ってしまいます。冬になってもトイレには暖房が備わっていないことが多いので、冷え切っているのが一般的です。そんなときに熱湯をかけてしまうと、急激な温度差で便器のヒビ割れが発生することがあります。掃除のときには汚れが落ちやすいからと言って、熱湯を使用しないように注意しましょう。

便器のヒビ割れが原因で発生するトラブル

便器のヒビ割れが原因で、いろいろなトラブルに発展することもあります。便器にはたくさんの水が貯め込まれているので、トイレの床から廊下に流れ出てしまう可能性も否定できません。トイレは水で床を掃除できる設計になっていることが多いので、その場合にはきちんと排水口が設けられています。しかし、流れ出す水の量が多ければ、溢れて廊下に流れ出してしまい、床がビショビショになります。床が大量の水で濡れてしまうと、カビが発生する原因にもなりますし、床が傷んで張り替える必要が出てくることも。

また、集合住宅で2階以上の上階に住んでいる場合、下の階に水が漏れてしまう可能性もあります。特に排泄をしてすぐの状態で水漏れが発生すれば、汚水が流れ出すことになるのです。汚水なので感染症の原因になることもあれば、嫌な臭いが発生することもあるでしょう。このようなトラブルを防止するためには、便器のヒビ割れを見つけたらすぐに対処することが大切になります。

便器のヒビ割れを補修する方法

便器のヒビ割れは、素人が補修するのは難しいですが、ひび割れの度合いによっては補修をすることが可能です。ほんの僅かなヒビである場合に限りますし、補修をしてもすぐ水が漏れてしまう可能性も高いので、できれば便器ごと交換をした方がよいでしょう。よって自分で補修をする場合には、応急処置程度に考えておくべきです。

・まずは止水栓を止めるのが基本
水漏れの修理を行う場合、基本となるのが止水栓を閉めて水が流れ出てしまわないようにすることです。これはトイレに限らず、どこの補修を行うときでも同じなので、忘れずに最初に行いましょう。止水栓を閉めるのを忘れてしまうと、大量の水が流れ出してしまうことになります。

・トイレの水位をできるだけ低くする
止水栓を閉めて水の流れをストップさせても、トイレはタンクや便器に水が貯められています。そのため、ヒビ割れが発生している箇所よりも低い位置まで水位を下げる必要があるのです。便器のヒビ割れを補修するのであれば、まずタンクの水をしっかりと抜き、さらに便器に貯まっている水も給油ポンプなどを使って抜いておきましょう。

・修理グッズを使用して補修
便器のヒビ割れを補修するには、専用の修理グッズを使用します。例えば防水パテやコーキングなどが当てはまるでしょう。これで水漏れが止まったとしても、再度発生する可能性があるので、あくまで応急処置の方法として検討しておくべきです。

トイレのトラブルもお気軽に相談してください

便器のヒビ割れだけではなく、トイレでは便器と床の間から水が漏れる場合や、タンクから水が漏れる場合もあります。場合によっては自分で修理するのが難しい場合もあるでしょうが、そんなときにはひろしま水道職人にお任せください。三原市や尾道市、福山市や府中市、庄原市など、広島県全域に出張が可能です。相談も気軽に行えるので、何か困ったことがあればすぐに連絡をしてください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315