【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 節水をするならトイレから!トイレで簡単に節水する方法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

節水をするならトイレから!トイレで簡単に節水する方法

2021年10月08日 トイレのメンテナンス


どうしてトイレで節水するの?

人は日々、多くの水を使っています。お風呂や洗濯等に使うことが多い水ですが、実は家庭内で多く水を使っているといわれる場所はトイレです。実は、人がトイレを一回流すだけでも、6~8Lもの量の水を使うといわれています。

水道料金で考えると、一度流すたびに小の場合は約1.4円、大の場合は約1.9円の出費です。一見少ない数字に見えますが、一日で複数回流す、というのを毎日続けると考えたらかなりの出費になってしまうでしょう。そのため、まずトイレから節水を始めることは良い心がけと言えます。

トイレで簡単に節水する方法!

でもトイレで節水ってどうやってするの?と不思議に思う方もいるかもしれません。しかし、いくつかの方法に則って節水を行うことはとても簡単で、今日からでも始められます。大事なのは意識をすることで、日々の心がけと注意が大切です。それでは、トイレで節水をするいくつかの方法をご紹介します。

・流す水の量を意識する
この方法は一番簡単で、意識しやすいものとなっています。トイレでは一度に流れる水の量が決まっており、小便の場合と大便の場合で適切な水の量を使用することが節水へとつながるでしょう。

たとえば、小便の場合は、小と書かれた方向にレバーを引きます。大便の場合は、大と書かれた方向にレバーを引くことを意識する必要があります。時には、小便のみなのに大の量で流してしまう人も少なくありません。このような場合も意識することで改善できるでしょう。

また、音や臭い消しのために複数回水を流す人もいます。大切なことですが、これでは水の消費量が大幅に増えてしまい、節水とは言えません。その場合、代わりに音の出る器具を設置したり、消臭スプレーなどを使用したりしてできる限り水を使わない方法を考える必要があります。

・最新のトイレを使う
トイレはできる限り最新型の物を使用しましょう。古い型でも使用はできますが、物によってトイレは流れる水の量が異なることがあり、古い物で一度に13Lもの水を使用してしまうこともあります。節水をするのであれば、できる限り最新型のトイレに変えてください。メーカーによっても異なる場合があるので、情報を確認しながら吟味してトイレを選ぶのもよいと思われます。

また、既に古い型のトイレを使用している場合、リフォームも考える必要があるでしょう。最新型のトイレにリフォームすることによって、日々の水量を大幅に削減できます。少々リフォームにお金がかかることもありますが、長い目で見ると損することはないと考えられます。一度、視野に入れてみましょう。

・タンク内を確認する
トイレにはタンクと呼ばれる部分があります。トイレに座ったとき、背中側にある大きな四角い部分のことです。タンクはトイレの水量に関係する重要な部分といわれており、節水をするときは一度確認してみるとよいかもしれません。

タンクの中を覗くとレバー部分に鎖がつながっており、その先にフロートバルブと呼ばれるゴム玉があります。フロートバルブはタンク下部分の穴を塞いでおり、レバーを上下することによってフロートバルブが移動し、タンク内の水が下の便器部分に送り込まれるという仕組みです。このタンク内の仕組みを少し変えることで節水することが可能です。

たとえば、このフロートバルブをつなげている鎖を少したるませることで、バルブを早めに閉められます。こうすることで水の排出量を減らすことが容易となるでしょう。このようにトイレの仕組みを理解し、確認することで節水がしやすくなります。

気を付けること

このようにさまざまな方法でトイレを節水できますが、一部で誤った方法があるので気を付ける必要があります。たとえば、一時期メディア等で紹介されていた、タンクの中にペットボトルや瓶を入れてタンク内の水をかさ増しすることで一度に流れる水量を減らすという方法がありました。

しかし、この方法は正しいとは言えません。タンク内に物を入れることは、タンク内の部品を破損させてしまう原因です。特に、フロートバルブの鎖がペットボトルに絡まることによって水が止まらなくなる、もしくは水が流れっぱなしになるケースが多発しています。

また、このような方法を多用してしまうと適切な量の水が出なくなってしまい、しっかりと便が流れない、便が排水管の中にたまってしまい悪臭の原因になるかもしれません。便が排水溝で逆流してつまりの原因になったりして、トラブルの元となってしまうでしょう。せっかく行った方法が逆効果になる場合もあるので、気を付ける必要があります。

お困りの際はひろしま水道職人までお電話ください!

水回りのトラブルが発生した場合はひろしま水道職人までお電話ください。ひろしま水道職人は広島市、福山市、呉市、東広島市、安芸高田市、安芸太田町、安芸郡など広島県全域で活動している水回りのプロです。トイレや台所、お風呂などでトラブルが発生してお困りの場合はぜひ、ひろしま水道職人へと気軽にお電話ください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315