【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンからの水漏れ、原因は?修理や対処法紹介

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンからの水漏れ、原因は?修理や対処法紹介

2021年02月07日 キッチンのトラブル


毎日の暮らしの中で使わない日はない、キッチン。
料理や洗い物など、さまざまなことに使うからこそ水まわりのトラブルが発生しやすい場所でもあります。
そんなキッチンで水漏れが起こると本当に焦ってしまいますが、まずは落ち着いて原因が何かをはっきりさせるところからはじめましょう!
キッチンの水漏れの原因や対処法についてご紹介します。

キッチンから水漏れするとどんな被害が起こるか

朝起きたとき、仕事から帰ってきたときなど、長時間家を空けている間にキッチンが水浸しになっていた…というケースなら、すぐに対処しなければいけないのは明らかです。
ですが水漏れの程度や水の漏れ出す箇所によっては、すぐには目に見える被害が出ないこともあります。ですが気が付かない間にも水漏れの被害はどんどん進行していきます。

・カビや金属の腐蝕
キッチンのシンク下からの水漏れの場合、シンク下の収納スペースの湿度がとても高くなります。
そうなると収納している物をはじめ、スペース全体に黒カビが発生することも。
金属も錆びたり腐蝕したりといった被害を受けます。


・水道代が高くなる
水が漏れ出しているため、当然のことながら水道代はそれまでよりも高くなります。
心当たりがないのに水道代が高くなっている場合は要注意です!


・階下への水漏れ被害
マンションやアパートなどの集合住宅であれば、ひどいときには階下へも水漏れ被害が及ぶことがあります。
戸建て住宅でも、2階で水漏れが起こると階下へも当然影響が及びます。
賃貸の場合には、水漏れの原因によっては修繕費の負担や賠償責任が発生することも。
こういった二次的なトラブルを避けるためには、ちょっとした水漏れでも放置せず、早期の対応が望ましいです。

気が付かずに放置してしまうことのないよう、定期的にシンク下を確認・点検することも大切です。


キッチンの水漏れの主な原因とは?

キッチン床の水漏れは、シンク下の排水管周辺をチェックしてみるとどこから水漏れしているのかがわかります。
主な水漏れ箇所とその原因についてまとめました!

・排水口パッキンが劣化している
流し台の排水口パッキンが劣化することで、シンク下の排水口接続部分から水漏れすることがあります。


・排水口と排水管接続部分の緩み
それぞれの接続部分が緩んでいると、そこから水が漏れることも。
ゴムパッキンを固定しているナットやボルトが、ちゃんと締まっているかどうかを確認してみてください。


・排水口と排水管接続部分のゴムパッキンの劣化
ナットやボルトが緩んでいなくても、ゴムパッキン自体が劣化しているとやはり接続部分から水漏れします。


・排水管や排水ホースの破損
シンク下の排水管や排水ホースが、何らかの理由で破損しているとそこから水が漏れます。


・給水管、止水栓、給湯管から水が漏れている
水漏れが発生した場合一旦止水栓を閉めて水の流れを止めますが、ときには止水栓自体から水漏れすることも。
これも接続部分の緩みやパーツの経年劣化等が原因のことが多いです。
止水栓から水漏れがあるときには水道の元栓を閉めましょう。


・シンクとキッチンの天板や壁との間の隙間から水が漏れている
シンク自体とキッチンの天板や壁との間に隙間ができてしまい、そこからシンクで使っている水が漏れ出てしまうパターン。
隙間を埋めていたシーリング材の劣化などが原因となります。


・シンクそのものの破損
流し台やシンク自体に破損箇所がある場合も。


・排水管の付け根からの逆流
床に設置されている排水管から水が逆流して漏れているケースもあります。
その場合排水管が何らかの理由で詰まっているのが原因だと考えられます。


・蛇口部分からの水漏れがシンク下まで伝っている
シンク下には特に異常がなくても、蛇口や水栓から水が漏れるとシンク下まで伝っていくことがあります。


キッチンの水漏れの主な対処法

キッチンのシンク下の水漏れはさまざまな箇所で発生する可能性がありますが、原因としてはパッキンの劣化や接続の緩みが多いです。
パッキンは消耗品であり劣化自体は避けられないことですが、新しいものに交換すれば水漏れも解消されます。
接続部分の緩みも、きちんと締め直せばそれでオーケーです。
もちろん、先ほどご紹介したようにまた別の原因で水漏れしていることもあります。
まずはどこからどのように水が漏れているかを確認することが大切です。

・水漏れ箇所を特定する方法
シンク下からの水漏れに気がついたら、まずは水が伝った跡を探します。
そしてその跡が残る箇所周辺の排水管の接続部分やホースを確認して、どこから水が漏れそうかを確かめます。
大まかにでも場所を絞り込めたら、コップなどを使ってシンクから少しずつ水を流してみます。
排水管やホース等からの水漏れであれば、実際にどこから水が漏れているかこれで特定できるはずです。
排水管やホースからは水が漏れていない場合、蛇口から水を流してみると、その他の箇所から水が漏れていることを確認できます。

こうして確認した結果、パッキンの劣化が原因であるとわかればご自宅でも比較的簡単に新しいものと交換して対応できます。
ですが他の部分に原因がある場合、その対応はなかなか難しいものになります。
あまり無理はせず、水道修理業者に依頼するのがおすすめです。


キッチンの水漏れも水道修理業者におまかせ!

排水口パッキンの交換などは比較的簡単とはいえ、急な水漏れになかなか対応できないという方がほとんどかと思います。そんなときには迷わず水道修理業者へ依頼するのがおすすめです。

ひろしま水道職人は広島市、福山市、呉市、東広島市、尾道市をはじめ、広島県中心に水まわりのトラブルに対応しています。キッチンの水漏れをはじめ、水まわりで何らかのトラブルが発生した際にはぜひお気軽にお問い合わせください!


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315