【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 急な水のトラブルにも慌てない!水道修理業者の選び方とは?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

急な水のトラブルにも慌てない!水道修理業者の選び方とは?

2021年10月08日 水道修理業者


トラブルが起きる前の備えが重要

水回りの故障や不具合というのは、突然起きてしまうものです。蛇口からポタポタと水がたれてくるようになった、水がつまってしまったなど、さまざまなトラブルを事前に予測することはなかなかできません。しかし、水回りのトラブルは、日常生活に支障をきたしやすいものが多く、トラブルが起こったときに慌ててしまうことも少なくないでしょう。

そこで今回は、急なトラブルにも落ち着いた対処ができるよう、事前に確認しておくと便利な水道業者選びの方法と、悪質な業者にだまされないための注意点などをご紹介します。

いい業者と悪質な業者…注意・確認すべき点は?

水のトラブルは、一刻も早く解決したいものです。しかしなかには、早く解決したいという弱みにつけ込み、高額な請求や、不要な工事を勧めてくるといった悪質な業者が存在するのも否めません。工事・修理を依頼するときは、主に以下の3つのポイントを確認するようにしましょう。

・事前の説明や対応が丁寧であること
希望する修理の内容や、故障箇所の状態を十分に説明しているにもかかわらず、あいまいな説明だけで終わってしまう業者の場合には注意が必要です。不要な工事を勧め、費用や作業内容などについて質問をしても、はっきりとした返答をしてもらえないようなら諦め、別の業者に問い合わせましょう。

また、広告には作業前の見積もりが可能などと記載があっても、実際には見積もりを出さずに高額な費用を請求される場合もあります。このようなトラブルを回避するためには、見積書は紙媒体で発行してもらえるかを問い合わせ、明確に費用や作業内容を提示してもらえるようにしてください。

疑問点が残ったまま依頼をしてしまうと、予想もしていないような高額な請求をされるかもしれません。納得がいくまで相談をし、真摯な対応をしてくれるところを選びましょう。

・費用があまりにも低すぎるところは注意が必要
業者を選ぶ際、料金が安いというのも、もちろん重要なポイントです。しかし、安いというだけで判断するのは少し危険かもしれません。低価格として表示されているものは基本料金のみで、他に作業で必要となる費用などが含まれていない可能性があるからです。

本当にこの安さで工事してもらえるの?と疑問に感じたら、表示されている価格にどのような項目が含まれているのか、事前に確認をしてください。優良な業者であれば、明確に内容を提示してくれるでしょう。

・水道局指定工事店かどうか
水道局指定工事店とは、水道法などの規定に基づき、各市町村から水道工事の許可を受けている業者のことをいいます。許可を受けるためには、給水装置工事主任技術者がいることが条件の一つであり、これは3年以上の実務経験を必要としている国家資格です。給水管や水栓の新設・改造・修繕工事をするために必要な資格で、この資格を持たない業者に給水管工事を依頼してしまうと、違法と判断されてしまうので注意してください。

インターネットで「水道局指定工事店」や「市指定給水装置工事事業者」と検索すると、市のホームページなどで業者リストを閲覧できるようになっています。一度、自宅近くに指定の工事事業者店があるか確認しておくのもよいでしょう。

見積もりは複数の業者を比較するのがおすすめ

思っていたより高かった、言われた金額と違う、といったトラブルが発生しないためにも、複数の業者から見積もりを受けるというのはとても大事なことです。まず電話で見積もりを相談し、工事前に最終的な見積もりを出してもらうと、より安心してお願いできます。

ほとんどのところは無料で見積もりの実施を行っていますが、有料となる場合もあるので、必ず業者に問い合わせてください。3〜4社に見積もりを依頼し、その中から対応や費用が良心的だと感じたところを選びましょう。

急なトラブルにまずは応急処置を

水漏れや水のつまりなどは、一時的に対処できる方法があります。被害を最小限に抑えるためにも、まずは以下のことを試してみましょう。

・水漏れのケース
少しの水漏れでも、壁や床に水が染み込んでしまうと掃除などが大変になるので、早めの応急処置を行うことが大事です。まずは、蛇口と止水栓をしっかり止め、水が流れないようにしてください。

次に、タオルやビニールシート、バケツなどを用意し、水が漏れてくる箇所のまわりを保護しましょう。ビニールシートが手元にないときは、大きめのビニール袋やレインコートなど、水をはじくものであれば代用できます。

また、配水管の破損している箇所を把握できている場合は、タオルをきつく巻いて破損箇所を塞いでください。こまめに乾いているタオルと交換しないと、水を吸収できません。破損が大きい場合には、なるべく注意して様子を確認するとよいでしょう。

・水つまりのケース
つまりが発生している周辺を保護するため、まずは床や壁などが汚れないように、ビニールシートやタオルなどを敷きます。作業で汚水に触れる可能性があるのなら、ゴム手袋を着用すると安心でしょう。水が溢れそうなのであれば、水を汲みとり、バケツなどの容器に移しておいてください。

目で見て分かるような排水口の異物のつまりは、手で直接取り除いて問題ありません。手での作業が厳しい場合には、ラバーカップやパイプクリーナーなどを使用し、つまりを除去します。溢れない程度の少量の水を流し、つまりが解消したかどうか、最後に確認しましょう。

水道局指定工事店のひろしま水道職人

ひろしま水道職人は、技術や知識に長けたスタッフが多数在籍している水道局指定工事店です。以下が各地の水道局の指定及び指定番号になります。

広島市(6415号),尾道市, 廿日市市(339号), 大竹市(113号), 竹原市(151号), 呉市(408号), 福山市(461号), 府中市(147号), 東広島市(379号), 庄原市(172号), 海田町(214号), 安芸高田市(229号), 安芸太田町(115号)

まずは見積もりだけ、という場合でも、お困りの際はお気軽にフリーダイヤル0120-492-315までご相談ください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315