【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 給湯器の寿命は何年?水漏れの原因は?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器の寿命は何年?水漏れの原因は?

2021年08月25日 給湯器の水漏れ


給湯器からポタポタと水漏れしていませんか?
少量だからといって放置していると、ある日急にお湯が出なくなり、日常生活に支障が出てしまうかもしれません。
そうなってしまう前に、給湯器からの水漏れをしっかり直しておきましょう。

給湯器の寿命は何年?

実は、給湯器には寿命があります。
すなわち、どれだけ適正に使用していても、経年劣化によって水漏れが発生する可能性があるということです。
使用状況や環境によって異なりますが、一般的な家庭用給湯器の寿命は7~10年程度とされています。

「思ったよりも短い」と感じる方が多いのではないでしょうか。
もし、10年以上同じ給湯器を使用している場合は、新しいものに交換することを検討してみてもよいかもしれません。


水抜きバルブが緩んでいませんか?

まだ新しい給湯器でも、ポタポタ水が滴ることがあります。
まずは給湯器下部にある水抜き栓を確認してみましょう。

バルブが緩んでいると、そこから水が零れてしまいます。
このケースでは単にバルブを締め直せば水漏れが解消します。
水道業者に連絡する前に、一度確認してみるとよいです。

バルブを締めても水漏れが止まらない場合、何らかの原因により給湯器が壊れている可能性があります。


給湯器から水漏れする原因とは

給湯器から水漏れする原因はいくつかあります。
長年給湯器を使用している場合、ゴム製部品や金属部分の劣化が疑われます。
また、冬場は凍結により給湯器が破損してしまう可能性があります。

1.ゴム製部品の劣化
給湯器内部にはゴム製の部品(パッキンなど)が使われています。
給湯器からの水漏れにおいて最も多い原因は、こうしたゴム製部品の劣化によるものです。ゴムは性質上、経年劣化により硬くなったり変形したりします。
劣化してしまったゴムは交換が必要ですが、その際に給湯器を分解しなくてはなりません。給湯器の知識がない場合、自力で分解しようとせず、プロの業者に依頼することがおすすめです。

2.金属の腐食
給湯器内部の金属が腐食することによって水漏れが発生するケースがあります。
ただし、金属は劣化しにくく、ゴムの劣化による水漏れと比較すると頻度は多くありません。
長期間使用している給湯器で稀に見られる症状です。

金属の腐食によって水漏れした場合、パイプを交換するだけで済む場合と、給湯器ごと交換しなくてはならない場合とがあります。
自力で見極めることは難しいため、一度プロの業者に点検してもらいましょう。

3.凍結による破損
特に寒い地域に住んでいる場合、給湯器を使用していないと凍結してしまうおそれがあります。(真冬は温かい地域でも凍結するケースがあります。)
凍結した給湯器内部で部品が損傷すると、水漏れが発生しやすくなります。

凍結によって給湯器が破損した場合、たとえ保証期間内であっても有償での修理となってしまうため、凍結させないことが最も重要です。
冬場は凍結予防ヒーターを運転させるため、電源プラグがコンセントに差し込まれていることを確認しましょう。
コンセントが抜けていると、夜のうちに凍結してしまいます。

もし凍結してしまった際は、昼になり自然と溶けるのを待つようにしましょう。
熱湯をかけて無理に溶かそうとすると、給湯器が破損するおそれがあります。
破損してしまった場合、自力で修理することは非常に困難です。
できるだけ早くプロの業者に修理を依頼しましょう。


給湯器本体を買い換えたほうがお得な場合もあります

給湯器の構造は複雑であり、壊れたからといって自力で修理することはできません。
そのため、水漏れが発生した場合はプロの業者を手配することになります。

業者に修理代金の見積りを提示してもらい、給湯器本体を買い換えた場合と比較してみましょう。
あまり変わらないようであれば、給湯器本体の買い換えを検討してもよいかもしれませんね。

一方でパッキン交換だけであれば、給湯器本体の交換よりずいぶん安く済みます。
どちらにしても、一度業者に点検してもらうことがおすすめです。


給湯器の水漏れはプロの水道業者に相談しましょう

給湯器からの水漏れを放置していると、突然お湯が出なくなるなど困ったトラブルに発展する可能性があります。
特に寒い冬、お湯が出なくなってしまうと非常に辛いです。

給湯器の構造は非常に複雑であるため、慌てて自分で修理しようとせず、プロに点検してもらうことがおすすめです。
給湯器から水漏れが発生した際、水抜きバルブを締め直しても改善しない場合は、できるだけ早くプロの水道業者に連絡しましょう。

ひろしま水道職人は、広島市、三原市、尾道市、呉市、廿日市市、東広島市ほか、広島県全般で給湯器をはじめとした水回りのトラブルに素早く対応している水道業者です。給湯器からの水漏れのほか、お湯が出ない・お湯が濁っているなどの困りごとが発生した際は、水回りのプロである「ひろしま水道職人」までご連絡いただければ、すぐに駆けつけ修理いたします。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315