【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンの水が濁って直らない!これって安全な水?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水が濁って直らない!これって安全な水?

2021年08月25日 キッチンのトラブル


もし、直接家族の口に入る「水」が安心して使用できなくなったらどうしますか?
キッチンの水は加熱してスープなどの料理に使うだけでなく、水出し麦茶など加熱することなくそのまま使用することもあります。

そんな水が少しでも濁っていたら、不安になってしまう方がほとんどです。
キッチンの水が安全なものかどうか、自分で判断できれば嬉しいですよね。

蛇口から出る水の色は何色ですか?

まず、蛇口から出る水の色を確かめてみましょう。
流水では色がわかりにくいため、透明のグラスなどに注いで観察することがおすすめです。

この際、白いマグカップといった透明でない入れ物を使用すると、光の拡散により色が付いているように見えるおそれがあるため、必ず透明の入れ物を用意しましょう。

また、注いですぐは気泡が混入して白みがかることがあるため、数分おいてから観察するとより正確な判断ができます。

1.水が白い場合
水は細かい気泡が入ることにより白く見えることがあります。
また、冬場などお湯を使用する際にも白っぽく見えます。
こうした現象は空気によるもので、多くの場合、グラスに注いでからしばらくすると透明に戻っているはずです。

ただし、注いでから時間が経っても濁りが消えない場合や、白い沈殿物が見られる場合には注意が必要です。
白い濁りや沈殿物は、給湯器や水栓金具の汚れが原因かもしれません。
給湯器の寿命は、一般的に7年から10年と言われているため、長年使用している場合は交換を検討しましょう。

また、キッチンの水栓は常に清潔にしておきましょう。
ハンドル式水栓(ひねるタイプの水栓)の場合、自分で分解して清掃することが可能です。一方、レバー式水栓(温度と水量を片手で調節できるタイプの水栓)の場合、分解の難易度が高いため、自力での作業は避けましょう。
比較的新しい物件では、ほとんどレバー式水栓が採用されています。

レバー式水栓で濁りが見られる場合はプロの水道業者に相談し、適切な処置をしてもらうことがおすすめです。

2.水が赤茶色の場合
赤茶色の水は、水道管のサビによるものです。
水を出し始めてすぐに見られ、数十秒間出しっぱなしにしているうちにおさまる場合、自宅の給水管が原因であることがほとんどです。
サビ(鉄)は人体に被害をおよぼすものではないため、飲んだとしても焦る必要はありません。

ただし、色が気になる・気持ちが悪いと感じる場合はプロの水道業者に相談しましょう。集合住宅に住んでいる場合は、大家さんや管理会社に連絡することも忘れてはいけません。集合住宅では濁りの原因が自宅にあるとは限らないため、マンション設備の点検が必要です。

また、近所で工事があった場合には一時的に赤茶色の水が出ることがあります。
この場合、工事が終われば水の濁りはなくなります。

バカンスなどで長期間家を空けた際にも水が濁るため、心当たりがある場合は数日様子を見るようにしましょう。
数日経過しても濁りが改善しない場合は水道業者に連絡することがおすすめです。

3.水が青い場合
一般的に、銅イオンが溶けだした水は青いのですが、自宅の水道からそうした水が出ることはまずありません。
キッチンから出てくる水が青いと、心配になる方がほとんどです。

しかし、その多くの原因は光の屈折によるもので、まったく心配ありません。
「海の水が青い」、「空が青い」と感じることと同じで、青色の波長が短いために起こる現象です。
水がうっすら青みがかって見えることはごく自然なことです。

ただし、明らかに青い場合は、念のためプロの水道業者に判断してもらったほうが安心ですね。


濁りの原因がわからない場合

グラスに注いだ水を観察した際、明らかに濁っているにも関わらず、近所の工事など心当たりがない場合や原因が全くわからない場合、そのまま使い続けることは避けましょう。ただちに健康被害がない場合でも、一度水道業者に判断してもらったほうが安心です。

また、マンションやアパートに住んでいる場合、大家さんや管理会社に報告しましょう。タンクや給水管といった水道設備の点検・整備を行ってもらうことにより、濁りが解消するかもしれません。


キッチンの水が濁ったらプロに相談しましょう

キッチンの水が濁ると、安心して使用できずに困ってしまいますよね。
「水」は体の中に取り入れるものであるため、安全が第一です。

水が濁る原因を自分で突き止められればよいものの、わからない場合や不確実な場合は、念のため水道業者に見てもらいましょう。
その結果、安全に使用できる水であればより安心できますし、そうではなかった場合はすぐに修理してもらうことができます。

ひろしま水道職人は、広島市、呉市、三原市、尾道市、福山市、東広島市ほか広島県全般で水の濁りをはじめとしたキッチンのトラブルを解決している水道業者です。
水の濁りはもちろん、水回りの困りごとが発生した際は、ぜひ一度ひろしま水道職人にご相談ください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315