【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンの水漏れで床が濡れてしまったら?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水漏れで床が濡れてしまったら?

2021年08月08日 キッチンのトラブル


キッチン(台所)は家のなかでも特に使用頻度が高いため、水漏れが発生しやすい箇所です。
気がついたら水漏れでキッチン床まで水浸しというケースも少なくありません。

水漏れが発生すると水道代金が上がるだけでなく、場合によっては床材の張り替えなどが必要となってしまいます。
特に水漏れ発生から長い時間が経過し、床下まで浸水した場合は高額な費用が必要です。


一戸建て住宅のキッチンからの水漏れ

床に零れた水の量が少なければ、ほとんどの場合、大きな問題に発展することはありません。

もし、水量が多く、床下の断熱材まで水が漏れてしまっている場合は、自力での修理は非常に困難です。
濡れた断熱材を放置していると、黒カビやシロアリの原因になってしまうため、早急に取り替えなくてはなりません。

このケースでは、キッチンを取り外して断熱材を新しいものに交換し、再びキッチンを設置する作業が必要です。
比較的大がかりな作業となるため、作業費が高額になる可能性があります。

なお、作業費に加えて断熱材交換は平方メートルあたり5,000円程度、フローリング張り替えは平方メートル当たり5,000~10,000円程度の費用が掛かります。
無垢材などフローリングの種類によっては、さらに高額となるかもしれません。


マンションのキッチンからの水漏れ

マンションのキッチンから水漏れした際、階下へ浸水してしまうと非常に大変です。
自宅のフローリング張り替え程度であれば数万円~数十万円程度で済む場合が多いですが、第三者の家財を損害した場合はその限りではありません。

1.賃貸マンションの場合
賃貸マンションで水漏れした場合、その原因によっては自分に賠償責任がないかもしれません。

例えば、給水管や排水管、下水管・給湯管といった設備の経年劣化による破損が原因で水漏れしてしまった場合の修繕義務は、管理会社や大家さんにあります。
この場合はすぐに管理会社や大家さんに連絡しましょう。

2.分譲マンションの場合
分譲マンションの場合、水漏れ保障のある保険に入っておくことがおすすめです。
マンション購入時に保険に入っている方がほとんどではありますが、漏水に対応しているものかどうか確認しましょう。
万が一水漏れで階下に浸水し、真下の部屋にある天井や壁紙を濡らしてしまった場合の修繕義務は当然自分にあります。

また、天井や壁紙だけでなく家電や衣類などを汚してしまった場合、これらを弁償しなくてはなりません。
こうした際に、家財の損害賠償も保障してくれる保険に入っていると安心ですね。


キッチン水漏れの対処方法

水漏れを発見したら、すぐに対処することで被害を最小限に抑えられます。
まずは止水栓を閉め、乾いた布で床をしっかり拭きましょう。

次に、シンク下を確認して水漏れ箇所を特定します。

1.ナットをしっかり締めましょう
ナットの緩みが原因で水漏れしている場合、しっかりと締め直すことで改善する場合があります。
ナットを確認し、手で回すことができなくなるまできつく締めましょう。

2.パッキンを交換しましょう
排水口パッキンは、経年劣化で弾力を失い、ヒビが入ることが多々あります。
ナットが緩んでいなかった場合、パッキン交換で改善する可能性があります。
自宅のキッチンにサイズが合うパッキンを購入し、交換してみましょう。
パッキンはホームセンターや通信販売で購入可能です。

3.配管補修テープを巻きましょう
ホースの破れやヒビによる水漏れの場合、配管補修テープで応急処置が可能です。
自己癒着テープや防水テープといった配管用のテープは、ホームセンターで購入可能です。テープを手で引っ張りながら、水漏れ箇所にきつく巻きつけましょう。

ただし、あくまでも応急処置のため、テープがはがれて再び水漏れしてしまう可能性があります。
そうなってしまう前に、破損したホース自体を交換しましょう。

4.パテで補修しましょう
シンクの破損による水漏れの場合、エポキシパテで応急処置が可能です。
接着力の強いエポキシ樹脂を成分としたパテで、ホームセンターで購入できます。

金属のシンクの場合、金属用と表記されたパテを選びましょう。
10分間程度で硬化し、硬化後は塗装も可能です。

ただし、エポキシパテでの補修は一時的なものと考え、シンク自体の交換を早めにすることをおすすめします。


キッチンから水漏れしたら業者に相談しましょう

キッチンから水漏れが起こった場合、早めに対処することができれば大きな問題に発展することはまずありません。

もし、キッチンから水漏れしているのを発見した場合は落ち着いて応急処置を行い、なるべく早く業者に連絡しましょう。
水漏れをそのままにしておくと、断熱材まで浸水するなど深刻なトラブルに発展する可能性があります。

ひろしま水道職人は広島市、安芸郡府中町、安芸郡海田町、安芸郡熊野町、安芸郡坂町など広島県全般であらゆる水トラブルを解決しているプロの水道業者です。
キッチンからの水漏れをはじめとしたトラブルが発生した際は、すぐにひろしま水道職人までご相談ください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315