【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの排水管につまりが発生する原因と対処法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの排水管につまりが発生する原因と対処法

2021年06月06日 トイレのつまり


トイレをつまらせるもの

トイレをつまらせる代表的なものとして、固形物の存在が挙げられます。
意図的に落とすことはないにしても、ポケットなどに入れていた小さめのアイテムを誤って便器に落下させてしまうケースは珍しくありません。
特にスマホやハンカチ、財布などはズボンの後ろにあるポケットや上着の胸ポケットに入れていることも多いでしょう。

落下させてしまっても目視できる位置にとどまり、手の届く場所にあればすぐに解消することもできますが、便器の奥にいってしまうと回収は困難です。
水に溶けないこともあり間違いなくつまりを引き起こすものになるので、不用品はトイレに持ち込まないなどの策を講じましょう。

ティッシュペーパーなどもトイレットペーパーの代用品として使用される機会があるかもしれませんが、トイレに流してはいけません。
流すこと自体は可能なのですが、水に溶ける構造ではないので排水管内部でつまりを引き起こす可能性は高いです。


ラバーカップを使用してのつまり解消法

トイレつまりの解消といえば、ラバーカップを想起する方も多いのではないでしょうか。
つまりの状態が軽ければこれで解消できる場合が多いので、おすすめのアイテムになります。
近くのホームセンターなどでも1000円程度で購入可能ですので、もしご家庭にない場合でも入手に手間がかからないこともポイントです。
使用前の準備として便器内の水量確認と、壁や床の保護が挙げられます。

まず水量確認ですが、カップ部分が浸るくらいの水がないとカップの内部を真空状態にできません。
空気が含まれてしまうことで、引き上げたときに圧力がかからず効果を発揮することが難しくなるのです。
もし便器内の水が少ないようでしたら、ペットボトルやバケツを使用して水位を上げておきましょう。

次に周囲の床や壁の保護ですが、これはビニールシートを用意できると防水性もあるので活躍してくれるでしょう。
もし準備できなければ新聞紙でも構いません。
防水性には欠けますが、作業後に周囲にはねた汚水を処理する手間を大幅に削減可能です。
特に便器内の水はさまざまな雑菌が含まれているため、衛生面を考慮しても壁や床を保護するに越したことはありません。

ここまで準備できたらラバーカップを使用していきます。
方法は簡単で排水口にカップ部分をあてがい、押し込んで引き抜く動作を数回繰り返してください。
コツとしては引き抜く際に力を入れることです。
原因が解消されると水の流れていく音がするので、便器にゆっくりと水を注いでみましょう。
正常に水が流れていき、水位も高くならない状態を確かめたら作業完了です。


つまりを引き起こさないためにできる予防策

予防法もいくつかありますが、まず意識すべきは流し過ぎに注意することです。
水に溶けるものであっても一度にたくさん流そうとすれば、流しきれずにつまりが発生する原因になってしまいます。
数回に分けて流し、しっかりと大洗浄のレバーを使用することでもつまりが発生するリスクを減すことが可能です。

固形物を落とした際はすぐに拾い上げることも重要です。
これくらいなら問題ないという考えは捨てて、早急に対処しましょう。
水道代の節約を目的にタンクに何か物を入れたりする行為も控えるべきです。
水の流れが弱くなりつまりを引き起こすほか、タンクを故障させてしまう可能性もあるので、節水専用の道具を用意するなどして正しい使用法を心掛けましょう。


業者に修理を依頼した場合にかかる費用と時間の目安

業者への修理依頼が必要なケースは、つまりの原因を特定できない場合や、水に溶けないものを流してしまったときです。
自力での修理に不安を抱く際にも、業者への依頼をおすすめします。
料金の相場ですが、基本料金であれば5,000円から8,000円程度になります。

ただしつまりの症状が深刻で工事が大掛かりになるケースであれば、数万円といった高額な費用が求められるでしょう。
その他必要になる金額は業者によっても少し違いが出てくるので、複数社に見積もりを依頼し適切な業者を選択してください。

トイレのつまりはすぐに直してほしい緊急性の高いトラブルなので仕方ない場合もありますが、時間帯によっては追加で料金が必要になる可能性があることも覚えておくとよいです。
修理にかかる時間は状況にもよって大きく変動するので、一概にこのくらいとは言えませんが簡単に直せるものであれば30分程度で済むケースもあります。

一方排水管の修理といった規模の大きい工事が必要になれば、数時間はかかることを想定しておきましょう。


トイレのつまりでお困りなら

ひろしま水道職人は広島市、東広島市、福山市、府中市、庄原市など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひろしま水道職人にお問い合わせください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315