【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの黒ずみや水垢をしっかりと落とす

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの黒ずみや水垢をしっかりと落とす

2021年05月06日 トイレのメンテナンス


トイレの水トラブルや感染症を予防するためには、しっかりと掃除を行うことが大切です。自分ではきちんと掃除をしているつもりでも、実は汚れが残っていることも考えられます。そこでトイレをきれいに掃除し、黒ずみや水垢などをしっかりと落とす方法を解説していきたいと思います。

洗剤は黒ずみや水垢など用途に合わせて使う

トイレを掃除する場合、洗剤を使用するのが一般的ですが、洗剤にもいろいろな種類があります。洗剤は使用用途に応じて使い分けることが必要なのですが、それほど汚れが酷くない場合には、中性洗剤を使用するのがよいでしょう。定期的に隅々まで掃除が行き届いていれば、中性洗剤だけでも十分トイレを清潔に保てます。しかし、仕事が忙しくて掃除をする頻度が少ない人もいるでしょうが、掃除の頻度が減ればその分汚れも酷くなります。

もし尿石や黄ばみが酷い場合には、中性洗剤ではきれいに落ちない場合もあるので、そんなときには酸性洗剤を使用しましょう。黒ずみが酷い場合には、塩素系漂白剤を使用するときれいに落ちます。ただし、酸性洗剤と塩素系漂白剤を混ぜるのは危険なので、絶対に混ぜてはいけません。洗剤はどの種類であっても、単体で使用するのが鉄則です。

黄ばみや尿石の撃退には酸性洗剤がおすすめ

トイレがいつもより臭いと感じたら、黄ばみや尿石が付着している可能性があります。そんなときには酸性洗剤の使用がおすすめです。酸性洗剤を使用する場合には、

・ゴム手袋
・ブラシ
・トイレットペーパー


この3つも一緒に用意しておきましょう。

手順としては、まず便器に貯まっている水を抜きます。水を抜く方法は、元栓を止めて水を流すだけです。

次に黄ばみや尿石が目立つ箇所だけではなく、便器の内部全体を覆うようにトイレットペーパーを敷きましょう。敷き終わったらゴム手袋をはめ、酸性洗剤をトイレットペーパーにかけます。黄ばみや尿石が気になる箇所は、少々多めにかけておきましょう。その後30分から1時間ぐらい放置し、トイレットペーパーを取り除きます。トイレットペーパーはそのまま流しても問題ありませんが、大量のトイレットペーパーを一気に流すと、詰まる原因になるので注意が必要です。あまり大量にトイレットペーパーを使用しなくても、きれいに汚れを落とすことはできます。

流したらブラシで便器の内部全体をこすれば終了です。これでもまだ黄ばみや尿石が落ち切っていない場合には、もう1度繰り返し作業を行います。それでも汚れが落ちないのであれば、プロに依頼をするしかありません。

黒ずみが酷い場合には塩素系漂白剤を使用

便器の内部に発生した黒ずみは、中性洗剤を使ってこすっても取れにくいことがあります。そんなときには塩素系漂白剤を使用すれば、簡単に落とすことができるでしょう。用意する物は酸性洗剤を使用するときと全く同じで、

・ゴム手袋
・ブラシ
・トイレットペーパー


この3点になります。

使用方法も酸性洗剤を使うときと全く同じ手順で行いますが、重要なのはどれぐらい放置しておくかです。汚れの程度に応じて時間を変えるのがよいのですが、そこまで黒ずみが酷くない場合には、15分ぐらい放置しておけば十分取り除くことができます。

しかし、黒ずみがかなり酷い場合などは、1時間ぐらい放置した方がよいでしょう。後はトイレットペーパーを流し、ブラシでこすれば終了になります。黒ずみが便器の内部全体に広がっている場合には、1度で全て落とし切るのが難しいこともあるので、2回か3回ぐらいに分けて行うのがおすすめです。

尿石などの汚れがないのに臭いが酷い場合

トイレの嫌な臭いの原因となるのは、尿石である可能性が高いでしょう。尿石は尿が飛び散ってそのまま放置しておくことで発生しますが、最大の予防方法はこまめな掃除です。しかし、しっかりと掃除をしたのに臭いが取れない場合には、他の原因が考えられます。便座シートや便座カバーなどを使用している場合には、交換してみましょう。それでもダメなら、どのような臭いがするのか確認します。

アンモニア臭ではなく、下水のような臭いがしている場合には、便器の封水がきちんとできていない可能性があります。アンモニア臭がする場合には、掃除が行き届いていない可能性がありますが、原因がわからない場合には、業者に頼んで掃除をしてもらうのがよいでしょう。プロに依頼をすれば、一般の人では掃除が難しい場所であってもきれいにすることが可能です。

プロが目で見て、きちんとした作業を行う

ひろしま水道職人では、プロがきちんと現場を目で確認し、適切な作業を行っています。そのため、トイレの詰まりや水漏れなど、水回りのトラブルであれば大半は改善できるでしょう。

広島市や福山市、三次市や東広島市、廿日市市など、出張範囲も広くなっていますし、見積もりも無料で行っています。見積もりをした後に断っても、料金が発生することはないので安心してください。料金も追加で修理や部品交換などの依頼がない限りは、見積もり通りの請求となります。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315