【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの床から水漏れしていてもタンクは必ずチェック

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの床から水漏れしていてもタンクは必ずチェック

2021年05月06日 トイレのトラブル


トイレの床から水漏れしていると、つい床ばかりに気を取られてしまう人も多いでしょう。しかし、床が濡れているからと言って、必ずしも床から水がしみ出しているとは限りません。タンクから水が伝っていないか、給排水パイプから水が伝わってきていないかきちんとチェックしておく必要があります。

タンクをしっかりとチェック

トイレの床が濡れていたからと言って、床が水漏れをしている箇所とは限らないので、まずは場所を特定する必要があります。基本的にはどこからチェックしてもよいのですが、やはり水は上から下に流れていくので、トイレの上の部分に設置されているタンクから見ていくのがよいでしょう。トイレの床が濡れている場合には、タンクから漏れた水が溜まっている可能性もあります。

特に水の色がきれいであった場合には、タンクから水が漏れている可能性が高いです。タンクは外の部分だけではなく、中の部分もきちんとチェックしましょう。ただし、ボールタップと手洗い管が接続されているタンクの場合には、持ち上げてもフタが取り外せないので無理に外そうとしてはいけません。

水漏れをしている可能性があることを業者に告げて、早急に確認してもらいましょう。フタが取り外せる場合には、パーツが外れていないか、水が減っていないか確認します。パーツの劣化や外れている箇所があった場合には、必要な物を揃えて修理を行います。タンクの外側もしっかりとチェックする必要がありますが、新しいタイプのトイレであれば、防露タンクになっていることも多いです。

しかし、古いトイレの場合には防露タイプでないこともあるので、結露が発生して床が濡れてしまった可能性もあります。タンクが結露していた場合には、しっかりと結露を拭き取って換気を行い、しばらく様子を見ます。再び床が濡れていたら水漏れしていることは間違いありませんが、濡れていなければ結露が原因です。

止水栓を止めてパイプの接続部分をチェック

トイレにはいろいろな箇所にパイプが使用されています。パイプには接続部分があるので、接続部分に使用されているパッキンの劣化により、漏れ出した水が床に溜まっている可能性もあります。もしパイプの接続部分から水漏れが発生していた場合には、まず止水栓を止めてナットを緩め、パイプの接続部分に使用されているパッキンを交換しましょう。パッキンの劣化が原因であれば、交換するだけの修理が可能です。パッキンの交換は場所にもよりますが、比較的簡単に行えます。

接続部分だけではなく、パイプから直接水が漏れている場合には、パイプが劣化してひび割れているので、パイプ自体を交換しなければいけません。この場合には、業者に依頼をして交換してもらうことをおすすめします。

・温水洗浄便座を使用している場合には確認
家庭によっては温水洗浄便座を使用していることもあるでしょう。温水洗浄便座を使用している場合には、便器と便座が接続されている部分から水漏れをしていないか確認します。パッキンが劣化していれば交換が必要になりますし、本体が故障している場合には、本体自体の修理が必要になります。パッキンの劣化が原因だと思っていたら、ボルトが緩くなっているだけだったという可能性もあるので、最初にボルトの緩みがないか確認しましょう。

ボルトの緩みが原因で水漏れをしていたのであれば、きちんと締めるだけで改善されます。パッキンの交換なら自分で行うこともできますが、温水洗浄便座本体の故障が原因の場合には、自分で直すのは難しいので専門家に任せましょう。

タンクやパイプに異常がなければ床と便器の接続部分を確認
タンクやパイプの接続部分を確認し、水が漏れていないのであれば、床と便器の接続部分から水がしみ出している可能性があります。もし床と便器の接続部分から水がしみ出しているのであれば、自分で修理をするのは難しくなるので、業者に連絡をしなければいけません。

トイレは水を使用して掃除ができるように、排水口が設けられているのが一般的です。そのため、多少の水漏れであれば放置してしまう人もいるでしょうが、放置するのはよくありません。なぜなら床にカビが発生する確率が高くなりますし、床が腐食するスピードを早めてしまうことになるからです。上階に住んでいる場合には、下の階に水が漏れているかもしれません。万が一下の階に水が漏れていたら大変なことになるので、水漏れが確認できたらできるだけ早く対処するようにしましょう。

トイレの水漏れにもスピーディーに対応可能なひろしま水道職人

トイレで水漏れが発生した場合、パッキンの交換やナットの緩みなどが原因であれば、誰でも改善が可能です。しかし、便器と床の接続部分から水が漏れている場合などは、一般の人では修理が難しくなります。そんなときにはひろしま水道職人まで連絡をもらえれば、すぐに駆け付けて作業を行います。対応エリアも広島市や福山市、三次市や府中市、庄原市など広範囲になっているので、気軽に相談をしてください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315