【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » お風呂の蛇口から水漏れが起こる原因と対処法は?予防のポイントも紹介

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の蛇口から水漏れが起こる原因と対処法は?予防のポイントも紹介

2021年03月25日 お風呂のトラブル


蛇口の種類と水漏れの原因を確認

お風呂の蛇口にはさまざまな種類があり、水漏れの原因や修理方法はそれぞれ異なります。
現在、もっとも普及しているのがサーモスタット混合水栓で、お湯の量を変えずに温度だけを調節できるため、お風呂での使用に最適です。

サーモスタッド混合水栓の水漏れは、ゴムパッキンやバルブカートリッジの劣化が原因になっている可能性が高いでしょう。
ハンドルが2つあり、お湯と水の量を調節して温度調整をするのが、ツーハンドル混合水栓です。
ハンドル部分のゴムパッキンが劣化することが、水漏れの原因になりやすいでしょう。

1つのレバーでお湯の量と温度を調節するシングルレバー混合水栓は、バルブカートリッジの破損が原因で水漏れを起こすことが多くなっています。
また、水栓がどこに設置されているかによっても修理方法は異なります。
配管が壁の中に入っている壁付きタイプの水栓は、配管に不具合が生じると壁の内部を修理する必要があるため、大がかりな工事になってしまうでしょう。


蛇口からの水漏れは自分で直せるのか?

蛇口の種類や水漏れの原因によっては、自分で水漏れを直すことも可能な場合があります。
しかし、サーモスタッド混合水栓は構造が複雑でメーカーによって形状が異なるため、自分で修理するのは難しいでしょう。
知識や経験がない人が無理に修理しようとすると余計壊れてしまう可能性があるため、おすすめできません。
また、水漏れの被害が大きいときや、原因が特定できないときも、自分で修理しようとせず業者に依頼するべきです。

一方、ツーハンドル混合水栓やシングルレバー混合水栓は、構造が比較的単純なので、原因によっては自分で修理できる場合もあります。
たとえば、ゴムパッキンやバルブカートリッジなど一部の部品を交換するだけで済む場合は、自分で修理してみてもよいでしょう。
ただし、賃貸物件の場合は設備の修理を勝手にしてはいけません。
修理する前に大家さんに許可を取るか、管理会社に確認してください。


蛇口から水漏れしているときの対処法を紹介

お風呂の蛇口から水漏れしているのを発見したときの対処法を知っておきましょう。
水が勢いよく出たまま止まらなくなってしまった場合、床下やマンションの下の階にも影響が及んでしまう可能性もあるため、一刻も早く水を止める必要があります。

まずは、水道メーターの横に取り付けられている水道の元栓を閉めてください。
サーモスタット混合水栓の場合は止水栓が付いているものが多いため、マイナスドライバーを使って止水栓を時計回りにまわして締めましょう。
止水栓を閉めて水を止められれば、元栓を閉める必要はありません。
元栓を閉めると家中の水が使えなくなってしまうため、できれば止水栓を閉めて対処しましょう。
お湯が漏れている場合は給湯器の止水コックを閉め、水漏れを一時的に止めてください。


修理にかかる費用と業者の選び方

水漏れの修理を業者に依頼した場合の費用は、水漏れの原因によって異なります。
ゴムパッキンやバルブカートリッジの交換だけで済むなら、出張費や作業費もすべて合わせて1万円以内に収まる場合がほとんどです。

しかし、蛇口本体の交換が必要になる場合は、本体代金のほかに作業台が1万円前後かかるため、合計で2万5000~5万5000円前後が相場といわれています。
業者によっては夜間料金や廃材処理代がかかることもあるため、事前に無料見積もりを依頼して確認してください。

また、修理業者選びは慎重に行いましょう。
豊富な実績があるか、料金体系は明確か、迅速に対応してくれるかなどをしっかりチェックし、信頼できる優良な業者を選ぶようにしてください。
特に、水漏れは早急に対処してもらう必要があるため、365日24時間対応してくれる業者を選ぶのがおすすめです。
不要な工事をして高額な料金を請求するような悪徳業者も存在するため、十分注意してください。


お風呂の水漏れを予防するには?

お風呂の蛇口からの水漏れを予防するために、普段からできることがあります。
まず、蛇口を強く締め過ぎないように注意して使用しましょう。
締め過ぎるとゴムパッキンの劣化を早めることになってしまいます。
また、定期的なメンテナンスも必要です。

水漏れが起きていないか小まめに確認し、部品の交換やナットの締め直しなどのメンテナンスを業者に依頼するのもよいでしょう。
蛇口の水漏れは経年劣化が原因になっていることが多いため、きちんとメンテナンスをしておくことで蛇口本体や部品の寿命を延ばすことにもつながります。
そして、不具合に気づいたときは早めに業者へ相談し、適切に対処するようにしてください。

ひろしま水道職人は広島市、府中市、呉市、東広島市、三次市、尾道市、など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。お風呂の蛇口をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にひろしま水道職人にお問い合わせください。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315