【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » お風呂のお湯が出ないときにチェックするポイントと対処方法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂のお湯が出ないときにチェックするポイントと対処方法

2021年12月06日 お風呂のトラブル


お風呂のお湯が出ないときには、早急な対応が必要となります。

しかし、いきなりお湯が出ない事態になると「何をどうしたらいいのかわからない」といった状態になってしまいます。

考えられる原因と対処方法を頭に入れておけばパニックにならず、自分でできる確認を行い、業者に依頼する場合もスムーズに進められます。

そこでこの記事では、お風呂のお湯が出ないときのチェックポイントと対処方法を解説します。

お風呂のお湯が出なくなった時にチェックすべき項目


お風呂のお湯が出なくなったら、まず落ち着いて次のチェックを行いましょう。

水は出るのか
お湯だけでなく水も出ない時は、家全体の水道の元栓、お風呂の止水栓が開いているかをチェックします。

水道管の工事や点検などで断水を行っている、冬であれば自宅の給湯器や水道管が凍結している可能性もあります。

他の場所からも出ないか
次に「お湯が出ないのはお風呂だけか」を確認しましょう。

お風呂だけお湯が出ないのであれば、蛇口で温度調節をしている混合水栓に不具合が起きている可能性があります。

反対に、キッチンや洗面所もお湯が出ないのであれば、給湯器の故障やガスに不具合が起きている可能性があります。

ガスコンロは使えるか
お湯が出ない場合は、ガスが来ていない可能性もあります。ガスの供給に問題がないかをチェックしましょう。

キッチンのガスコンロが問題なく使える場合には、お風呂の蛇口の故障が考えられます。
給湯器の確認
水もガスも問題がなければ、給湯器に原因があるかもしれません。

次の点を確認してみましょう。

1.給湯器のブレーカーは落ちていないか
2.給湯器のコンセントやリモコンのスイッチは入っているか
3.給湯器の設定温度が正しいか

給湯器のエラーコードを確認
「給湯器に問題がありそう」と思ったら、給湯器のリモコンにエラーコードが表示されているか確認しましょう。

エラーコードが表示されていれば、取扱説明書やメーカーのホームページでエラーコードの内容を確かめられます。

お風呂のお湯が出ないときの原因と対処法


ここで、お風呂のお湯が出ないときの原因と対処法を、状況別に説明します。

お湯も水も出ない
お湯も水も出ない場合は、家の元栓やお風呂の止水栓が閉まっている可能性があります。

元栓や止水栓が開いている場合は、水道管の凍結や故障、断水などの理由を疑ってみましょう。水道管の凍結は、水道管を温める必要があります。

お風呂のお湯だけ出ない
キッチンや洗面所のお湯は出るのに、お風呂のお湯だけ出ない場合はお風呂の混合水栓の温度調整ができていないこと考えられます。

この場合はバルブの交換や混合水栓の交換などが必要になります。

家全体のお湯が出ないとき
水は出るのに家全体のお湯が出ないときは、給湯器に原因があるケースが多いです。

給湯器のリモコンはお風呂と台所など2箇所にある場合、一方のリモコンが優先設定されています。優先設定されたリモコンの設定温度が低い場合は、設定温度を上げましょう。

給湯器内での電気トラブルが発生している場合もありますので、給湯器のコンセントを抜いて少し時間を置き、再び差し込んでお湯が出るかどうか確認します。

また、給湯器の部品の劣化によって故障が発生している場合もあります。この場合は業者に頼んで修理をお願いしましょう。

部品交換で済むことが多いものの、年式や状態によっては本体を交換した方がいい場合もあります。

ガスコンロも使えない場合は、ガスの元栓が閉まっている、ガスメーターが遮断されているなどの理由も考えられます。ガスメーターの復旧はガスメーターについている復旧ボタンを押すと復旧します。

業者に依頼する前に確認しておくこと


どうしても原因が突き止められない、自分では直せない場合は業者にお願いしましょう。

また給湯器やガスメーターを触りすぎると、故障につながる恐れもあります。今回ご紹介したポイントをチェックして原因がわからなければ、業者に修理を依頼することをおすすめします。

とくに重要なチェック項目は次のとおりです。
・お風呂のお湯だけ出ないのか、キッチンや洗面所のお湯も出ないのか
・水は出るのか
・給湯器のリモコンのエラー表示

業者の選び方はスピーディーな対応はもちろんですが、症状と使用している給湯器の種類を正確に伝えれば、業者はどの部品を交換すればよいか大体検討がつきます。

また、事前にどのくらいの金額がどういう理由でかかるかを確認し、きちんと答えてくれる業者に依頼することも重要です。

まとめ


今回は、お風呂のお湯が出ないときにチェックするポイントと対処方法を解説しました。

お湯が出なくなったときはまず、症状をもう少し細かく確認します。

お風呂のお湯だけ出ないのか、それともキッチンや洗面所のお湯も出ないのか。水もお湯も出ないのか、水は出るけどお湯だけ出ないのかを確認します。

原因によって自分で対処できる場合もありますが、給湯器の不具合などは業者に確認した方がよいです。

業者にお願いする場合は、現在の症状や給湯器のエラーコードなどを伝え、考えられる原因と大体の修理費用を確認しましょう。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315