【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 洗面所の蛇口の水漏れはどんな原因がある?自分で対処できる?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の蛇口の水漏れはどんな原因がある?自分で対処できる?

2021年08月04日 洗面所の水漏れ


洗面所は使用頻度が高いため、故障する可能性は比較的高いです。とくに、蛇口は手で直接力を加えるため、使い方によってはすぐに壊れることもあります。洗面台の水漏れにはどのような原因があるのか、自分で修理はできるのかなどを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

洗面台の水漏れはどこから?

洗面台の水漏れが発生しやすい場所はいくつかあります。水漏れが発生した場合は、まず今から紹介する場所をチェックして、どこから水漏れしているかを確認しましょう。

・蛇口
洗面台の蛇口から水漏れが起きることがあります。蛇口から水漏れが起きている場合、まずは止水栓を閉めましょう。止水栓は洗面所の下の、棚の奥に設置されています。ハンドルを時計回しに回せば閉められます。

・給水管
給水管は蛇口へと水を供給している管のことです。給水管は金属でできていますが、経年劣化したり収納物を強くぶつけたりして破損することもあります。給水管空の水漏れは止水栓より蛇口側で発生しているか、床側で発生しているかで応急処置が違います。

蛇口側で発生しているなら止水栓を、床側で発生しているなら元栓を閉めます。元栓は集合住宅なら玄関のドアの横にある鉄扉の中に、戸建て住宅では地面に埋められたボックスの中にあります。あらかじめ位置を確認しておけば、万が一のときに安心です。

・排水管
排水管は洗面台から流れた水を下水へと送る管のことです。給水管と同じく、洗面台下の棚の奥にあります。排水管が破損している場合は下水からの臭いが逆流していることもあるため、異臭がするなら排水管を確認しましょう。排水管が原因の場合は水を出さないよう注意しましょう。止水栓を閉めておけば間違えて水を出してしまう心配がありません。

蛇口の水漏れ

洗面所の水漏れは、発生箇所に適した対処をするのが大切です。それぞれの発生箇所に合った対処法があります。まずは、蛇口からの水漏れの対処法を紹介します。

・蛇口の種類を見分ける
蛇口の種類によって対処法が違うため、まず蛇口の種類を判断します。蛇口の種類を見分けるときは、水量をどうやって操作しているか確認しましょう。

お湯と水それぞれのハンドルがついているなら、ハンドル式水栓と呼ばれるタイプです。ハンドル式水栓は古い家から新しい家まで、多くの家で使われています。レバーでお湯と水を切り替えたり、水量を調整したりするのはレバー式水栓と呼ばれるタイプです。細かい温度調整がしやすく、比較的新しい家についていることが多いです。

・当てはまらない場合は特殊水栓
上記に当てはまらない蛇口は特殊水栓と呼ばれます。自動でお湯や水が出るタイプや、レバーで操作するが蛇口は洗面台の中に埋め込まれているタイプなどです。特殊水栓は種類が多く、水漏れの原因を突き止めたり、自分で修理したりするのは難しいです。

・原因を見極める
蛇口からの水漏れの原因はいくつかありますが、経年劣化が原因の可能性が高いです。ハンドル式水栓の場合、ハンドル部分に連動して蛇口内のパーツが動き、水量を調整しています。そのため、ハンドルや内部のパッキンが劣化すると水漏れを引き起こすのです。

経年劣化によって発生する可能性が高いですが、力いっぱいハンドルを閉めるといった雑な扱いをしていると故障を早めます。レバー式水栓の場合はカートリッジが原因で水漏れする可能性があります。経年劣化以外では、ナットの緩みが原因のケースも多いです。

・劣化・故障したパーツを交換する
経年劣化が原因の場合は劣化したパーツを交換しましょう。パッキンやカートリッジは使用中の蛇口に対応しているものを購入するように気を付けましょう。パーツを交換する際は必ず止水栓を閉めてから行います。止水栓を閉めないと水が噴き出して危険です。ナットが緩んでいる場合も、蛇口を分解してナットを締めます。

給水管の水漏れ

給水管自体が破損している場合は自分で修理するのは難しいです。しかし、給水管についてるパッキンが原因の場合は、パッキンを交換して水漏れを直せます。給水管を取り外す必要があるため、水栓取り付け用工具が必要です。1,000~2,000円程度するため、わざわざ購入するなら業者に依頼した方が無難かもしれません。

排水管の水漏れ

排水管からの水漏れの場合は排水管のどの部分から水漏れしているのか確認しましょう。ナット部分のようなつなぎ目からの水漏れの場合は、パッキンの劣化の可能性が高いです。ナットを取り外してパッキンを交換しましょう。

つなぎ目以外の排水管本体からの水漏れは、パイプの交換か穴埋めをします。穴を埋める場合は自己融着テープのような、水に強いテープを使いましょう。テープを貼るときはあらかじめ排水管の汚れをしっかりふき取り、穴が開いている場所をしっかり確認してから貼ります。

ひろしま水道職人は洗面台の修理・交換を行っています

洗面台の水漏れはさまざまな原因があるため、自分で判断して修理するのはとても難しいです。誤った対処をしても水漏れは改善されません。心配な人や水漏れが直らない場合は業者に相談しましょう。

広島市や呉市、尾道市、三次市、庄原市、府中市、安芸高田市など広島県内で発生した水回りのトラブルは、ひろしま水道職人までご相談ください。無料見積もり・3年保障・無料でキャンセル可能など安心して利用できるサービスが充実しているのが特徴です。年中無休電話受け付け中で、ご依頼から1時間以内に駆け付けます。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315