【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » キッチンが水漏れになった場合の修理・交換方法について

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンが水漏れになった場合の修理・交換方法について

2021年06月29日 キッチンのメンテナンス


キッチンで水漏れを見つけたら、まずはシンクの下や棚の中を見て、どこから漏れているのか特定します。シンクの下はなかなか見る機会がありませんが、シンプルな作りとなっています。

シンク下の空間をチェック

シンクの下には、鍋や調味料、食器などを収納できる空間があります。収納部分には排水ホースや止水栓、排水トラップなどが設置されています。排水パイプの構造を頭に入れておくのは、交換や修理をする際に重要です。水漏れ場所の特定や原因を探る際も、構造をしっていると便利です。

シンクの下を確認しても水漏れ箇所が特定できない場合は、蛇口の水を流して様子を見てください。蛇口の水を流すことで、水漏れなどの異常の原因を確認できます。

シンクの破損

シンクは長期間の使用による劣化、漂白剤や塩素系の洗剤を使用したことによるサビ、刃物やフォークなどの鋭利なものを落として穴が開くなどが原因となり、シンクが破損します。このようなときには、シンクの天板のみを交換するか、キッチンを丸ごと交換するしかありません。シンクの天板だけが破損した場合はシンクの天板のみを交換するだけで済みますが、他の部分にも破損がある場合は、キッチンを丸ごと交換する必要があります。

基本的には専門業者に依頼して修繕する必要がありますが、水まわり表記がある、もしくはエポキシ樹脂が多く含まれているパテを使い、シンクの下からパテを埋めると応急処置ができます。パテを使用した後、しばらく時間をおいて乾燥させましょう。最後に水を流して漏れていないか確認します。

排水トラップの破損

キッチンシンクのゴミ受けの下にある、溜め水をする装置を排水トラップと呼びます。これは下水からの悪臭や害虫が上がってくるのを防止しする仕掛けです。水を溜めておく場所でもあるので、流れが悪くなり、汚れが詰まりやすくなります。

排水トラップの清掃で水漏れが直る場合もありますが、パッキンの経年劣化や各パーツとの接続部の緩み、シンクのヘコみで穴が空き、水漏れを起こしている場合は自分で交換か専門業者に依頼しましょう。自分で修理する場合は、必ず交換するパーツのサイズを正確に測り、商品名や型番を間違えないようにしてください。

少しでも型やサイズが合わないと、その部分から水漏れが起こります。ホームセンターに交換するパーツを持っていき、同じかどうか実際に見るのもおすすめです。交換に自信がない、汚れたパーツをさわりたくない場合は専門業者に任せましょう。

ゴムパッキンの劣化

シンク下の排水トラップや排水ホースにゴムパッキンがあり、これが劣化して水漏れを起こすこともあります。新しいゴムパッキンに交換すれば水漏れは直りますが、ゴムパッキンには数多くの種類やサイズがあり、少しでも合わないと水漏れを改善できません。

交換するゴムパッキンのサイズを正確に測り、商品名や型番を間違えないようにホームセンターに交換するゴムパッキンを持っていき、同じかどうか実際に見るのもおすすめです。それでも直らない場合はナットを締め直すと改善する場合があります。上記の方法を試しても直らない、交換に自信がない場合は専門業者に交換や修理の依頼してください。

給水・給湯管の故障

シンクや排水トラップ、ゴムパッキン、排水管などに異常がない場合は、一度止水栓を閉めてみてください。それでも水漏れする場合は、給水・給湯管が故障している場合があります。この場合は管の中がサビている場合が多く、素人が対応するのは難しいので、専門業者に依頼しましょう。

プロに頼むときの判断方法

原因がわからないときや部品や道具が入手できない、自力で交換や分解ができないなど、基本的に自分で直せない場合は、無理をせずに専門業者に相談してください。キッチンの水漏れ、とくに流し台下からの水漏れは、放置しておくと大きな修繕が必要になります。

また、10年以上の長期間の使用が原因の水漏れは、本体自体の寿命かもしれません。部品を交換しても再発する可能性が高いので、本体自体を新しく購入するほうが安く済む可能性が高いです。原因がどうしてもわからない場合は、すぐに止水栓を閉め、水の流れを止めます。

止水栓が見当たらない、栓が固くて締められない場合は、水道の元栓を閉めましょう。排水管からの水漏れは、バケツや桶などを下におき、水が飛び散らないようにタオルや新聞紙を敷くなど一時的な応急処置をしてください。

水道修理の見積もりは複数手配するのがおすすめです。かかりつけの工務店や交換や修理に詳しい知り合いがいればいいのですが、そうでない場合は複数の専門業者に相談するのが基本です。必ず現地見積もりが無料で、見積もり後に断っても追加費用が発生しないことを事前に確認してから見積もりを取ってください。

キッチンで水漏れがしたらひろしま水道職人へお電話ください

ひろしま水道職人は、広島市はもちろん、呉市・竹原市・三原市・尾道市・福山市・府中市・三次市・庄原市・大竹市・東広島市など、広島県全域で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひひろしま水道職人にお問い合わせください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315