【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 洗面所のつまりの原因や対処法紹介

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所のつまりの原因や対処法紹介

2021年06月21日 洗面所のトラブル


身だしなみをととのえたり、顔や手を洗ったり…一日に何度も、いろいろな用途に使われる洗面所は、その分さまざまな種類のゴミや汚れが溜まりやすい環境でもあります。ゴミや汚れが溜まりやすいと、洗面台周辺が汚れてしまうだけでなく排水口がつまるリスクも高くなります。今回は、洗面所の排水口がつまる主な理由や原因、そして原因ごとにアプローチの違う、効果的なつまりの直し方についてご紹介したいと思います。

洗面所の排水口がつまるのはなぜ?

つまりを解消するためには、まず何が原因で排水口がつまっているのかを把握することが大切です。洗面所のつまりはどんな原因で起こるのか、主なトラブルをまとめました。

・こびりついた汚れ
水まわりは、どうしても汚れが溜まりやすい場所となっています。洗面所の排水口も例外ではなく、手や顔を洗ったときに出たせっけんカスや皮脂汚れ、こぼれた化粧品や髪のスタイリング剤など、さまざまな汚れが集まり溜まっていくところです。こうした汚れは、排水口をつまらせるだけでなく、少しずつ排水パイプの中にもこびりついて蓄積していき、水の流れを妨げて最終的につまらせることがあります。

・溜まった髪の毛などのゴミ
洗面所では髪をととのえたりひげを剃ったりすることも多いため、抜けた髪の毛や剃られたひげが、排水口に落ちやすいのもつまりの原因となります。洗面所の排水口には、ヘアキャッチャーが取り付けられていることが多く、髪の毛やひげをはじめほとんどのゴミをそこで受け止められるようになっています。

ですが、ヘアキャッチャー周辺の掃除がおろそかになっていると、溜まったゴミに先ほど紹介したいろいろな汚れが絡みつき、雑菌が繁殖してぬめりが発生し、排水口をつまらせてしまいます。また、細い髪の毛や細かいひげ、ほこりなどはヘアキャッチャーをすり抜けて排水パイプの方まで流れていき、排水トラップ部分に溜まっていきます。そこでもまた、汚れが絡みつくことによって大きなかたまりとなり、配管をつまらせてしまうのです。

・誤って落とした固形物
洗面台ではさまざまな、細々とした道具を使って身支度をすることも多いため、小さな固形物をうっかり落としてしまう、という機会も自然と増えます。特に多いのは、ヘアピンやアクセサリーなどの小物のようです。また歯みがき粉のキャップなど、容器のふたを取り落としてしまうケースもしばしばみられます。

洗面台の排水口に流れていってしまうくらいなので、ごく小さな物がほとんどかと思いますが、こういった小さな固形物であっても排水トラップなどにとどまって髪の毛や他の汚れとひとかたまりになり、水の流れを滞らせてつまりの原因となります。

道具を使ったつまり解消法

洗面所の排水口のつまりを解消するためにはいろいろな方法がありますが、中にはラバーカップなどの道具を使った直し方もあります。

ラバーカップは、トイレのつまりを直すときに使う物というイメージが強いですが、洗面台のつまりを直す際にも効果的です。基本的には、トイレのつまりを直すときと同じような使い方で、排水口にラバーカップを当て、ラバー部分が浸る程度に水を溜めた後押したり引いたりを何度か繰り返すことでつまりを解消します。ラバーカップがないときには、ペットボトルでも代用できます。

髪の毛がパイプの中に溜まって水の流れを悪くしているときには、パイプユニッシュなど市販のパイプ用洗剤を使うのも効果的です。こういった洗剤は、完全につまってからではなく、水の流れが悪くなってきたと感じたタイミングで使うと効果を実感できます。水が流れていてもごぼごぼと異音がする、水が流れていく速度が遅くなったなど、排水口がつまる前にはいくつかのサインがみられます。こうしたサインを見逃さず、こまめにパイプユニッシュを使ってお掃除するようにしましょう。

場合によっては排水口のお掃除が効果的

排水口に汚れが溜まってつまってしまったときには、排水口をきちんとお掃除するのがいちばん効果的です。

洗面台の排水口を掃除するときには、クエン酸と重曹を使う方法がおすすめです。重曹を排水口にたっぷりふりかけた後にクエン酸を溶かした水をかけ、重曹とクエン酸が反応し泡立った状態で30分から1時間ほど放置します。その後は、40度ほどのお湯で流し、落ちきらなかった細かな汚れやゴミを使い古しの歯ブラシなどで掻き出してお掃除は完了です。

本格的につまっていなくても、日頃からつまりや異臭の予防もかねて定期的に行っておきたいお掃除テクニックです。

排水口のつまりが直らない…そんなときには水道修理業者へ連絡を

いろいろと手を尽くしてみても、やっぱり洗面所の排水口のつまりが直らない…そんなときには、無理はせずに速やかに水道修理業者へ連絡することをおすすめします。自力でなんとかしようとむちゃをすると、かえって状況が悪くなってしまうことも考えられますので、今回ご紹介した方法を試しても上手くいかなかった場合にはすぐに専門の業者へ頼るのがおすすめです。

ひろしま水道職人は、尾道市、福山市、三次市、庄原市、大竹市をはじめとして、広島県内の各エリアで水まわりのトラブルやお困りごとに関するご相談を受け付けている水道修理業者です。洗面所の排水口がつまっている、またその他の水まわりのトラブルに関しても、お困りの際にはぜひお気軽にひろしま水道職人までお問い合わせください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315