【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレのつまりはどう修理する? 原因別に紹介

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりはどう修理する? 原因別に紹介

2021年06月21日 トイレのつまり


ある日突然水が流れなくなり、トイレが使えなくなってしまった…そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。「トイレのつまり」とひとくちにまとめて言いますが、実際のところトイレつまりはいろいろな原因によって起こります。普通に使っているだけのつもりでも、思いもよらないことが理由でつまってしまうこともあるのです。

今回はトイレのつまりの主な理由や、その直し方についてご紹介していきます。物を落としたり流してはいけない物を流したりといった、すぐに思いつくような心当たりがない方はぜひ参考にしてみてください。

まずはなぜトイレがつまったか把握しよう

トイレのつまりを修理するためには、まずどんな原因でトイレがつまっているのかを把握するのがとても大事です。つまりの原因が違えば、効果的な修理方法も変わってきます。いちばん効果的だと思われる方法を選ぶためにも、まずはどんな理由で水が流れなくなってしまったのかを確かめましょう。

・タンクに物を入れている
トイレタンクに水を入れたペットボトルや瓶、レンガなどを入れて、タンク内の水量を調節するという節水方法があります。質量のある物を入れて、タンク内に貯めておく水の量を減らし、洗浄時に使う水を節約することで節水できるというものです。たしかに洗浄時に使う水の量を減らすことはできるのですが、その分水の勢いは当然弱まり、トイレットペーパーや排泄物をきちんと流しきれずにつまりの原因となります。

・トイレットペーパーがつまっている
トイレットペーパーは、本来トイレに流しても問題ない物のひとつです。ですが、水に溶けるようつくられているトイレットペーパーであっても、一度に大量に流そうとするとつまってしまうことがあります。先ほどご紹介したように、節水を心がけて何かしらの工夫をしていたり、大洗浄で流すべきところを小洗浄で流していたりするとつまりやすくなります。

・水に溶けない物がつまっている
誤って固形物を便器に落としてしまったり、水に溶けない物だと知らずにうっかり流してしまったりといったことが原因となって、便器内で水に溶けない物がつまってしまうケースもあります。小さな物であれば、落としただけではさすがにつまりませんが、便器内部や排水管の中でトイレットペーパーなどを流す邪魔になり、しばらく時間が経った後つまりが起こることもあります。

・尿石が溜まっている
トイレを使用していると、尿に含まれるカルシウムが便器や排水管の中に付着し、だんだんと頑固な汚れとしてこびりついていきます。トイレの便器内で見られる黒ずみ汚れなどは、尿石によるものです。尿石汚れが便器の内部から排水管に徐々に蓄積していくことで、水の通り道が狭くなり、トイレをつまらせることがあります。

原因別、トイレつまりの直し方

トイレつまりの直し方は、つまりの原因によって違います。大まかに言えばトイレットペーパーのように、水溶性の紙類などがつまっているケース、そしてなんらかの固形物や尿石のように、水に溶けない物がつまりの原因となっているケースの2種類に大別できます。このふたつのパターンのうち、自宅で対処できる可能性が高いのは水溶性の紙類がつまっているケースです。

トイレットペーパーがつまっている場合、軽いつまりであれば40度から60度程度のお湯を流し込んでしばらく放置するだけで、つまっていたトイレットペーパーが溶け、再び流せるようになることもあります。また、ラバーカップを使った方法も効果的で、しっかり準備をすることができれば自力でつまりを解消することも可能です。

尿石も、そこまで頑固でないものなら自宅でできるお掃除で落とせることもあります。トイレの黒ずみ汚れには、ハイターが効果的と言われますが、尿石はハイターではなくクエン酸のような酸性のものを使うと落ちやすいです。

100ミリリットルの水に対し、クエン酸小さじ1を混ぜてつくったクエン酸水を、尿石の気になるところにスプレーした後、トイレットペーパーやラップ等でパックをします。そのまま、30分ほど放置した後、パックにつかったトイレットペーパーやラップを取り除き、トイレ用のお掃除シートで尿石を拭き取ればお掃除は完了です。より頑固な汚れについては、酸性洗剤を使いましょう。

ラバーカップを使わない方がいいケースも

ラバーカップは、トイレつまりを直すための道具としてとても有名ですが、ときにはラバーカップを使わない方がいいケースもあります。それは、なんらかの硬い固形物がつまっている場合です。

ラバーカップを使えば、上手く取り出せることもあるのですが、その際に便器のあちこちにぶつかり、破損やひび割れを引き起こす可能性があります。便器を傷めると交換が必要になることもあるため、硬い物を落としたとわかっているときには、無理はせずに水道修理業者へ相談してみてください。

対処が難しいと感じたら水道修理業者へ連絡を!

トイレのつまりは、原因によっては自宅で解消できるケースもあります。ですが、ときにはもちろん、自力で解決するのが難しい場合も。なんとかつまりを直そうと無理をすると、かえって状況が悪化してしまうこともありますので、自分の手には負えなさそうだと感じたら速やかにプロである水道修理業者へ依頼するようにしましょう!

ひろしま水道職人は、呉市や竹原市、三原市、福山市、府中市、世羅郡など、広島県内の各エリアで水のトラブルに関するご相談を受け付けている水道修理業者です。トイレのつまりなどのすぐに解決したいお悩みはもちろん、日頃気になっている水まわりのちょっとした不具合やトラブルまで、お困りごとがあればぜひお気軽にひろしま水道職人までご相談ください!

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315