【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの詰まりは自力で対応できるケースも!

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの詰まりは自力で対応できるケースも!

2021年06月09日 トイレのつまり


毎日、何度も使うトイレで、トラブルが発生すると困ってしまいますよね。特に、トイレを使えなくなる詰まりに関しては、できるだけ早くなんとかしたい!という方が多いはず。自宅ではどうにもできないように考えがちなトイレの詰まりですが、実は詰まっている理由によっては、自力で対処できることもあります。

今回は、自力で対処できるケースの紹介と、必要な作業の手順についてご紹介します。もしものときのため、知識をつけておきたい方や、今まさにトイレが詰まってしまい困っているという方はぜひ参考にしてみてください。

トイレが詰まる主な原因

トイレが詰まっているということは、なんらかの異物が便器内の排水口や排水路、もしくはその先の排水管に詰まっているということです。トイレを詰まらせる異物には、さまざまなものがあります。

そもそも、トイレに流すべきではない固形の、硬い異物が詰まりの原因となるのはすぐに納得できますよね。ですが、トイレの使い方に問題があるパターンもあり、洗浄の際に流す水の量が少なかったり水圧が弱かったりするせいで本来流しても問題ないはずのトイレットペーパーが詰まってしまうこともあります。

少しくらいなら大丈夫だろうと使ったティッシュペーパーに、後々流したトイレットペーパーなどが引っかかり、だんだんと水の流れるルートが狭くなって最終的にトイレが詰まることもあります。上記で説明したように、トイレ詰まりの原因は、

・本来トイレに流すべきではない異物を、流してしまったこと
・流す水の量が必要量よりも少なく、トイレットペーパーが流れきらなかったこと


この二つに、大きく分けられます。

この他、便器に付着した尿石によって排水路が狭まりトイレが詰まることもありますが、これはトイレをきちんと掃除していれば十分避けられるトラブルです。

自力で対処できる、トイレの詰まりの見極め方

トイレの詰まりは、がんばれば自力で十分対処できるものと、プロの水道修理業者に任せた方がいいもの、ふたつのパターンに分かれます。今回は自力でできるトイレ詰まりの直し方についてご紹介しますので、どうやって自力で直せるトイレの詰まりかどうか、見極めるポイントについてもみていきましょう!

・詰まっているのがトイレットペーパー
洗浄の際に使う水の量が少なすぎてトイレットペーパーを詰まらせてしまった、一度に大量に流しすぎたトイレットペーパーが詰まってしまった…などなど、トイレットペーパーが原因のトイレ詰まりは、自力で解消できる可能性があります。水に流せるタイプのトイレクリーナーなどが原因の場合も、トイレットペーパーには劣りますが、一応は水に溶けるものですので、自力でなんとかできるかもしれません。

・完全には詰まっていない
完全にトイレが詰まってしまっていると、詰まりを直すのも大変ですが、便器内に溜まっている水が少しずつでも引いていく場合には、自分で直せる確率が高いとみていいでしょう。ごく細くとも水の通る道があるだけで、詰まりの直しやすさはかなり高くなります。

自力でできる! トイレ詰まりの直し方

自力でトイレ詰まりに対処する場合には、水が跳ねる可能性があるためまずは温水洗浄便座のコンセントを抜き、床や壁はビニールシートや新聞紙でガードして、さらにこれ以上水が漏れないよう一旦止水栓を締めてから作業に取り掛かりましょう。

いちばん簡単な方法は、バケツやペットボトルを使って便器の排水口に水を流し、その水圧で詰まりを解消するというものです。少し高めの位置から、排水口に直接水を流します。軽い詰まりであれば、これを何度か繰り返しているうちにだんだんと水の流れがスムーズになり詰まりも解消されます。

トイレットペーパーなど水に溶ける紙類は冷たい水よりもお湯に溶けやすいため、お湯を流し込むのもおすすめの方法です。熱湯をかけると便器の破損につながるため、40度から60度ほどの温度のお湯を使いましょう。

ラバーカップを使って詰まりを解消する方法もよく知られています。排水口にラバーカップを押し込んで密着させ、勢いよく引っ張り上げることを繰り返すと次第に水の流れがスムーズになっていきます。ラバーカップを使ったトイレ詰まりの解消は、詰まっているものが硬度のある異物でないときに行いましょう。

硬いものを無理やり取り除こうとラバーカップを使うと、便器内を傷つけ破損させてしまうリスクがあります。また、ラバーカップよりもさらに強力な吸引力を持つ、真空式パイプクリーナーも便利なアイテムです。

自分で対処できない場合は、速やかに水道修理業者へ連絡を!

今回は、トイレの詰まりには自力で対処できるケースもあることについてご紹介しましたが、もちろん中にはプロである水道修理業者に任せたほうがいい場合もたくさんあります。自力で対処できる範囲だと今回ご紹介したようなケースに関しても、自分にとっては難しい作業だと感じたら、迷わずプロの手を借りるようにしましょう!

ひろしま水道職人は、広島市や呉市、竹原市を、福山市はじめとして、広島県内の各エリアで水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けている水道修理業者です。トイレの詰まり、そしてその他にも水まわりのトラブルでお困りの方は、ぜひお気軽にひろしま水道職人までお問い合わせください!

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315