【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » システムキッチンを修理業者に依頼するメリットとデメリットは?

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

システムキッチンを修理業者に依頼するメリットとデメリットは?

2022年09月01日 キッチン


毎日料理や洗い物をするキッチンにおいて、使いづらさで悩んだ経験はありませんか?毎日使用するキッチンの使い勝手が悪いと、家事が効率的に進まなくなりストレスも感じてしまいます。
また、その使い勝手においては機能面や収納力、収納棚の高さやデザインなど様々な理由が考えられます。そんな時、検討したいのがシステムキッチンの修理です。しかし、修理を業者に依頼するにあたって費用や時間が必要になってしまいます。


では、具体的に修理業者に修理を依頼するメリットやデメリットはどのような部分になるのでしょうか?そこで今回は、システムキッチンを修理業者に依頼するメリットとデメリットについて解説します。


システムキッチンを修理業者に依頼するメリット


システムキッチンを修理業者に依頼するメリットはいくつかあります。システムキッチンにおける修理全般に対するメリットもありますが、修理内容や依頼先によっても感じるメリットは異なります。


それぞれのメリットを考慮して、自分にマッチした方法で修理を依頼するのがポイントです。さらに、気になるのは住みながら工事を依頼できるのかという点です。


実際、システムキッチンの工事の規模の大小に限らず、今の住まいで生活しながらの修理は可能です。そのため、修理期間だけ仮施設へ転居する必要はありませんし、通勤や通学に関する生活のしやすさも変わらないので安心です。


また、間近で工事を見ることができ、修理が進められて新しくなっていく経過を観察できるのも嬉しいポイントです。


このように、システムキッチンの修理において多くのメリットが受けられますが、修理の依頼先によって異なるメリットも押さえておきましょう。


システムキッチンの修理は、近くのホームセンターでも受け付けている場合があります。ホームセンターに修理を依頼する場合の最大のメリットが低価格で修理ができるという点です。その点、自由性は高くないケースもありますが、小規模な修理であればホームセンターに依頼するのも有効です。


また、ホームセンターは幅広いメーカーのシステムキッチンを取り扱っているので、選択肢の幅が広く、実際にサンプルを見て検討することが可能です。


修理後のシステムキッチンのイメージがあまりなく、実際にカタログやサンプルを参考にしながら決めたい人におすすめです。


システムキッチンの修理は、工務店へも依頼できます。工務店の場合は、地域に根付いているケースが多く、距離も近いので相談から修理までの過程がスピーディーに進められます。


場合によっては修理実績も高く、複数回相談を重ねながら丁寧に対応してくれます。細かな要望やじっくり話し合って修理したい人は、工務店へ修理の依頼を検討しましょう。


システムキッチンの修理は、建築会社でも行っているケースがあります。建設業の側面から豊富なシステムキッチンの提案を受けられ、広範囲で大規模な修理も得意としています。また、修理のクオリティも高く、満足度の高い修理が実現できます。


建設会社と同じく、提案力に優れているのがリフォーム会社です。リフォームの専門業者として、修理実績はもちろん、多くの修理規模に対応しているのが魅力です。これに加えて、デザイン性の凝ったシステムキッチンも得意としています。


安心感が強いという意味では、ハウスメーカーに依頼するという選択肢もあります。ハウスメーカーは、万が一の保証やオプションが充実しているほか、工事の質が高く、新築に負けず劣らずのクオリティで修理ができます。


システムキッチンを修理業者に依頼するデメリット


システムキッチンを修理業者に依頼する際は、メリットばかりではありません。しっかりデメリットも考慮した上で検討し、最適な修理業者を選びましょう。


まず、どの修理業者に依頼しても受けることとなるデメリットについて押さえておきましょう。住みながらの工事でも、その期間は当然キッチンは使用できません。そのため、別の方法で食事を摂る必要が出てきます。
また、必要に応じて食器棚や冷蔵庫などの大きな家具・家電を一時的に移動させなければならないケースがあります。これは、キッチン自体が狭く、作業効率に支障が出る場合や大掛かりな工事で大量の資材と工具を導入する場合です。


時間帯によっては停電や断水などの影響も受けるため、テレビやパソコン、トイレやバスルームの使用には十分気をつける必要があります。


システムキッチンの修理において、大きなトラブルになりかねないのが、騒音によるトラブルです。近所に人が住んでいなければそこまで問題ありませんが、隣の家との距離が近い場合、騒音による近所トラブルに発展してしまう恐れが考えられます。


システムキッチンを修理する際は、事前にその旨と大まかな工期について伝えておきましょう。このようなデメリットにプラスして、修理の依頼先によって様々なデメリットが発生します。ホームセンターに修理を依頼する場合、担当する業者によって技術力に差があるので注意しましょう。


また、小規模な修理しか対応していないホームセンターもあるので、修理したい規模によっては依頼しづらいかもしれません。


工務店に修理を依頼する場合は、施工実績に注目しておくことが大切です。担当が少人数なことや地元密着の工務店の場合、施工実績がそこまで多くないケースがあります。また、場所によっては工務店の数に極端に差があるので、依頼したくてもできない可能性があるのが工務店のデメリットです。


建築会社やリフォーム会社への修理の依頼は、かかる費用が高額になる可能性があります。その分、クオリティ面ではある程度保証されていますが、同じ修理内容でも建築会社やリフォーム会社に依頼することで、割高に感じてしまうことも考えられます。


ハウスメーカーも同様で、修理費用が高額になりやすいのがデメリットです。また、提案はハウスメーカーがするものの、実際の修理は別の修理業者に委託しているケースもあるので、管理体制の面で気をつけなければなりません。


修理業者に依頼した場合にかかる料金


修理業者に依頼した場合に気になるのは、その料金帯です。修理にかかる費用は、依頼する業者や工事の規模によって異なります。


多くの人が修理の依頼をするのが、ガス周りの工事です。これは、ガスコンロからIHクッキングヒーターに変更するもので、費用相場は約10万円から30万円と考えておきましょう。


クッキングヒーターの数が多い程費用が高額になるので、家族の人数や料理をする頻度などに合わせて選ぶのがコツです。


収納力が欲しい人は、収納棚を拡張する修理を依頼することが多くあります。また、自動開閉タイプにして、快適に出し入れできるようなキッチンにしたい人も少なくありません。


収納棚はその材質や大きさを基準に費用が大きく変動します。例えば、間口90センチの吊り戸棚にする場合、基本料金や資材費などを含めて約10万円と考えておきましょう。


これらのように部分的な修理ではなく、システムキッチン全体を変えるケースもあります。これも材質や機能性で費用が変動しますが、国産か海外製なのかによっても費用は変わっていきます。


国産のシステムキッチンを導入する場合、マンションで約50万円から100万円、一戸建てで約100万円から200万円かかると考えておきましょう。


修理業者を選ぶ際のポイント


修理業者を選ぶ際のポイントを押さえておくことで、安心して修理を依頼できるようになります。まず優先的に行いたいのは、できるだけ複数社の修理業者に相談し、それぞれ見積もりを取ってもらうとよいでしょう。


まとめ


今回は、システムキッチンの修理を業者に依頼する際のメリットやデメリットについてお話ししました。キッチンリフォームというと高額な費用がかかると思われがちですが、小規模なリフォームから始めればさほど費用をかけずに済ませることも可能です。


やってみたいリフォーム内容が実際にはどれくらいがかかるのかを知りたい場合には、まずはリフォーム業者に相談してみましょう。


広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315