【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 水道管の凍結を防ぐにはどうしたらいい?予防法や凍結してしまったときの対処法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管の凍結を防ぐにはどうしたらいい?予防法や凍結してしまったときの対処法

2021年07月30日 水道管の凍結


気温がマイナス4℃を下回ると、水道管の凍結が起こりやすくなります。凍結したことが原因となって、破裂などの被害が起こらないよう、日頃から少しの工夫で凍結を防止することが大切です。今回は、水道管の凍結予防方法や、凍結時の解消の仕方まで、詳しくご説明いたします。

凍結が起きやすい場所

築年数が20年以上経過した木造アパートなどの、比較的防寒機能が弱くなっている建物では、水道管も気温の影響を受けやすく、凍結も起きやすいのが特徴です。また気温が0℃になると、水道管内の水が凍ってしまう可能性があります。そのため、温水を流さないような蛇口であり、トイレの水道管は比較的凍結が起きやすいのが特徴です。温暖な地域においても、寒波が到来して気温が0℃を下回ると、凍結する可能性があるため注意が必要です。

事前に凍結を予防する方法

寒波が来て水道管が急激な気温の変化に耐えられるよう、少しの工夫で凍結を予防ができます。

・水道管にタオル等を巻き付ける
水道管が冷えないようにタオルを巻き付け、中の水が凍らないようにする方法です。外気を遮断できるように、分厚いタオルを使用するようにしてみてください。またインターネットやホームセンターなどで購入できる保温材を用いることも効果的です。簡単な方法ですが、人間が服を着るか着ないかで寒さが全然違うのと同等の保温効果があります。冷え込みそうな場合は、必ずタオル等を巻き付けて水道管を守りましょう。

・ポタポタと水を垂らしておく
水道管内の水が凍らないように、蛇口からポタポタと垂れる程度に水を流しておく方法です。一定の量の水を流しておくことで、水道管内の温度が分散しやすく、氷点下でも凍結しづらくなります。この方法を試す際、多く水を流してしまうと、当然のことながら水道代が大幅にかさんでしまいます。流す水の量は、ポタポタと滴り落ちる程度で大丈夫なので、注意して行いましょう。

・追い焚きしたお湯で
こちらも少し水道代が気になる方法ですが、給湯器の追い焚き機能を利用して凍結を防ぐこともできます。追い焚きができる浴槽に関しては、この機能を利用してお湯を溜めておくことで、その周辺の水道管は温まっている状態になります。水道管内の熱が分散することで、水温を上げられるので、凍結防止にはとても効果的な方法です。ただこちらの方法は、水道代だけでなくガス代もある程度かかってしまうので、先程ご紹介した蛇口から水を垂らしておく方法とは、同時に行わない方が良いでしょう。

凍結してしまったときの対処法

急な寒波が到来して、思いがけずに水道管が凍結してしまった際は、焦らずに対処することが大切です。凍結は水道管が破裂し損傷してしまうトラブルの原因になるので、さらに被害が広がる前に下記の作業を施しましょう。

・ぬるま湯をゆっくりとかける
凍結してしまった部分に、30℃程度のぬるま湯をかけることで、徐々に凍結した部分を温めて元に戻す方法です。この際、熱湯をかけてしまうと急激な温度変化により、水道管が破裂してしまう恐れがあるので、必ずぬるま湯を使用するよう注意してください。また勢いよくかけるのではなく、自然に温度を戻すようにゆっくりとかけるよう心がけましょう。

・ドライヤーで温める
ドライヤーを用いて、凍結している部分をゆっくり温める方法です。熱が分散されやすく、徐々に温められるので、凍結部分に負荷をかけずに元に戻せます。この際、一箇所に集中して温めるのではなく、凍結している部分にまんべんなく温風が伝わるようにドライヤーを動かしながら温めるようにしてください。

水道管の凍結は破裂トラブルの原因に

頑丈な素材で造られている水道管ですが、中の水が冷えて氷になると、大きくなった体積に圧迫されて内側から負荷がかかってしまいます。その負荷に耐えきれなくなると、管内に亀裂が生じ、そこから破裂してしまうことが多いのです。

破裂してしまうと、気温が上がって中の氷が水になり、漏水被害が生じてしまいます。さまざまな二次被害から建物を守るためにも、凍結の予防を行うことはとても大切な手段となるので、普段から意識するように心がけましょう。

凍結困った場合は業者に連絡を

とは言っても、予想外の寒波や天候の影響により、十分な対処ができず、凍結や破裂が起きてしまう場合もあります。いつ起こるか分からない水回りのトラブルに当たっても、焦らずに落ち着いて行動することが大切です。

水回りのトラブルはひろしま水道職人へ!

ひろしま水道職人では、24時間365日受付体制により、急な水トラブルへの対応が可能です。広島市、福山市、呉市、東広島市、三原市、竹原市など、広島県全域での水回りのサポートを承っておりますので、困ったことがあればいつでもご相談ください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315