【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレの水漏れの意外な原因とは?対処方をご紹介します

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れの意外な原因とは?対処方をご紹介します

2021年07月20日 トイレのトラブル


トイレの便器から水漏れを起こしていたらすぐに対処が必要です。放っておくと、大変なことになるかもしれないからです。まずはしっかりと原因を探すところから始めてください。トイレの故障ではなく意外なことが、水漏れの原因になっている可能性があるからです。

原因1 結露

特に冬に発生しやすいのが結露で発生した水分が、便器を伝って床に溢れるケースです。他の部屋は暖房で温まっているのにトイレに暖房がない場合、温度差によって結露が発生しやすくなるのです。

またトイレの位置や窓の有る無しによって、トイレに結露ができやすい場合があります。便器全体に水滴が付着している場合は、結露によって濡れているだけなので、水漏れの対処をする必要はありません。そのままにしておくとカビが生えるなど、ほかの被害が出ますのできれいに拭き取ってください。

原因2 便器のヒビ割れ

次に考えられるのは、便器自体にヒビが入っている場合です。トイレの便器は大抵が陶器で作られています。トイレの使用頻度に耐え、尿石などの汚れをこすり取って掃除する際に耐えられる素材として、陶器が適しているからです。

日常的に使用しているだけでは簡単にヒビ割れを起こすことはありませんが、硬いものをぶつけ長期間使用しているとヒビ割れを起こすことがあります。発見した場合、必ず止水栓を止めてから応急処置としてホームセンターで販売されている、防水パテやコーキングで割れているところを埋めてください。ひとまず水漏れを止められます。

しかしこれはあくまでも応急処置なので、できる限り早く専門業者に依頼することが望ましいです。一般的に便器のヒビ割れは修理を行うのではなく、便器本体を交換することになります。一度ヒビの入ってしまった便器を、安全に使用することが困難だからです。便器本体の交換は高額な上、もともとの便器の形と合わなければ床材のリフォームも合わせて行うことになります。まずは業者に依頼して見積もりを取るようにしてください。

原因3 便器と床の間からの水漏れ

トイレの便器と床の間から水が漏れている場合は、便器を取り付けた際の設置不良の可能性が考えられます。新築やリフォームで便器を取り替えた直後だと起こることがあります。便器の中の汚水が漏れている場合は、このパターンが多いです。設置した業者に再度連絡を取って、対処してもらうことをおすすめします。その場合、相手の業者に過失があれば修理や交換費を負担してもらえるでしょう。

そのほかに考えられるのは、排水部分のパッキンの劣化によって便器と床の間から水漏れを起こしている場合です。長年使用していると、劣化したりサビたりしてパッキンが機能を果たさなくなり水漏れが引き起こされます。この場合、一度便器を取り外してパッキンを交換することになりますので、素人が行うのは困難です。専門業者に依頼して、修理してもらうのがいいでしょう。

また、便器と床の間の水漏れの原因として稀に起こるのが、床下の排水管の損傷による水漏れです。排水管が経年劣化により損傷し、そこから水が漏れてトイレの床にしみている状態です。床が濡れているからといって、トイレの水漏れではなくトイレにつながっている排水管か、近くを通っている全く別の排水管の可能性も考えられます。便器と床の間が水漏れを起こしているのに異常箇所が見当たらない場合は、業者に依頼して原因を探すようにしてください。

便器と床の間の水漏れを放っておくと、深刻な問題に発展する可能性があります。他の部屋の床まで水漏れを起こし、マンションに住んでいる場合は、下階に水漏れを起こすと修繕に莫大な費用がかかりますから、早急に対応しましょう。

原因4 温水便座(ウォシュレット)使用時の場合

近年取り付け台数が増えている温水便座の使用時に、水漏れが起こっている場合も考えられます。洗浄用の水をためておく内部タンクが、損傷して水漏れを起こします。内部タンクがないタイプもありますが、給水管の損傷で水漏れしている可能性がありますので、チェックしてみてください。

また、ウォシュレットのパネル部分は精密な機械になっているので、その部分が故障するとボタンを押していないのに水が出たり、止まらなくなったりするトラブルも増えています。電化製品の故障になりますので、業者に連絡して部品交換ができるか確認してください。その場合は止水栓を止めるだけじゃなく、コンセントを抜くことも忘れずに行いましょう。水が漏れて感電する危険があります。

トイレなどの水回りのトラブルはひろしま水道職人へ!

トイレなど、水回りのトラブルが起きた場合、迅速な対処が必要です。素人だと判断が難しい場合が多いので、業者に依頼することをおすすめします。ひろしま水道職人は広島市、福山市、府中市、尾道市、三原市、世羅郡など広島県全般で水回りのトラブルを解決している水回りの専門業者です。トイレや浴室や洗面所、キッチンなどの水回りのトラブルが発生した場合は、ひろしま水道職人にご依頼ください。お電話一本ですぐに駆け付けます。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315