【水道局指定工事店】広島のトイレつまり・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 清潔に保つためには?トイレ掃除に役立つ方法をご紹介!

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

清潔に保つためには?トイレ掃除に役立つ方法をご紹介!

2021年10月08日 トイレのお掃除


トイレの汚れの原因は、主に水垢・黒ずみ・尿石

1日の使用頻度が高い場所は、気付かないうちに、いつの間にか汚れが蓄積しているものです。トイレもそのうちのひとつであり、汚れ方もさまざまでしょう。

主な汚れの原因には、水道水のミネラルがたまることで発生する水垢、雑菌の繁殖が原因となって起こる黒ずみ、尿に含まれるカルシウムなどが結晶化して黄ばみの原因ともなる尿石があります。もちろん、小まめに掃除をしていればどれも防げるものですが、毎日隅々まできっちり掃除をするというのは忙しい現代人にとっては難しく、なかなかできることではありません。

しかし、蓄積してしまっていても、効果的な掃除の方法はいくつかあります。以下で詳しくご紹介しますのでトイレの汚れが気になっているという場合には、ぜひ参考にしてください。

水垢は予備軍に注意

まずトイレ掃除を始める前に、トイレ内の水位を下げておくことをおすすめします。奥の方まで掃除がしやすくなり、水が跳ねる心配もなくなるので、ストレスなく掃除できます。

水位を下げるには、バケツなどに入れた水を便器内に流すか、水を底の方へと戻すイメージでブラシを押し込む動作を繰り返してください。また、灯油を移す際に使用するポンプで、バケツにトイレ内の水を移動させるという方法もありますので、やりやすい方法を取り入れましょう。

使用する洗剤は、酸性のものがおすすめです。水道水に含まれるミネラルはアルカリ性なので、酸性の洗剤を使用すると、汚れを中和できます。水垢は見た目で判断できなくても、トイレ内全体に、水垢に変わってしまう予備軍が付着している可能性があるので、汚れた箇所にのみ洗剤をかけても徹底的な除去は望めません。トイレ内全体に、満遍なく洗剤をかけるようにしてください。

軽度の水垢ならそのままブラシでこすって簡単に落とせますが、頑固な水垢はそれだけではなかなか落とせないこともあります。その場合は、洗剤をかけ30分ほど放置してからブラシで磨くようにしましょう。最後に水を流せば終了です。まだ水垢が残っていると感じたときは、上記の工程を繰り返してください。

黒ずみはタンク内の汚れが原因の可能性も

さぼったリングと呼ばれてしまう黒ずみを除去するには、水垢同様に、まずは酸性洗剤を使用します。黒ずみの目立つ箇所に洗剤をかけ、上からトイレットペーパーを貼り付けると、洗剤が密着しやすくなるので、より効果的です。そのまま数分ほど置いてから、トイレットペーパーを取り除き、ブラシでこすり落としていきましょう。

なかには、さまざまな汚れが蓄積し、こびりついてしまっている黒ずみもあります。そうなってしまうと、酸性の洗剤だけでは落としきれません。頑固な黒ずみには、塩素系のハイターなどが効果を発揮しますので、落ちないときには使用する洗剤類を変えるといいでしょう。

ただし、酸性の洗剤と混ざってしまうと、有毒なガスが発生し大変危険です。ハイターを使用する際は、必ず換気を行い、十分に気をつけてください。

また、短期間で繰り返す黒ずみは、タンク内に発生したカビが原因となっている可能性もあります。タンクに溜まった水に汚れなどが混ざっていると、いくらトイレ内をきれいにしても、十分な掃除効果は発揮できません。一度、タンクの中が汚れていないか確認してください。

黒ずんでいて、汚れが目立つ場合には、重曹の使用をおすすめします。カップ1杯程度の重曹をタンクに入れ、しばらく放置したあと、水を流すだけで簡単に汚れを除去・防止ができるでしょう。これを月に1回程度行うことで、タンク内を清潔に保てるので、トイレの黒ずみ防止にもつながります。

取れない黄ばみの原因は尿石

主な3つの汚れのなかで、一番頑固な汚れになりやすいのが尿石です。これは、尿に含まれるカルシウムなどが化学反応を起こし石化したもので、尿石に付着した雑菌が増殖すると、非常に頑固な汚れとなってしまいます。放置していると臭いの原因にもなり、同時に悪臭対策もしなくてはなりません。できれば、頑固な汚れとなる前に除去することを心がけましょう。

尿石除去には、酸性洗剤、または、重曹とクエン酸を使用し、ブラシでしっかり磨くことをおすすめします。重曹とクエン酸を使用する場合は、まずスプレーボトルにクエン酸水を作り、尿石部分にクエン酸を吹きかけてください。その上から重曹をまぶし、30分〜1時間ほど放置したあとにブラシでこすり、水を流して汚れ具合を確認します。

まだ取りきれていないときは、放置する時間を延ばし、クエン酸の濃度をあげるといいでしょう。また、尿石専用の洗剤もあるので、なかなか落ちない頑固な汚れには、こちらを試してみるのもおすすめです。

しかし、尿石専用洗剤のなかには臭いが強いものもあるので、使用する際は、十分な換気をしてください。尿石は便器の内側に飛んで付着していることが多いため、普段使用しているブラシの他に、使わなくなった歯ブラシなど、細かいところにも届くものがあると便利でしょう。

トイレ・水回りのことなら、ひろしま水道職人まで!

定期的にトイレの掃除をしていても、蓄積した汚れのなかには、どうしても自分では落とせないものも出てきます。無理にこすったりして便器を傷つけないためにも、たまにはプロの力をお借りしましょう。自分の手で掃除しにくいところでも、プロに任せれば、徹底的にきれいにしてもらうことが可能です。

ひろしま水道職人は、広島市安佐南区、安佐北区、佐伯区、安芸区など広島市をはじめ、東広島市三原市など、広島県全域にて水回りのトラブル解決に尽力しています。365日いつでも対応していますので、トイレや水回りのことでお困りの際は、ぜひお問い合わせください。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315