【水道局指定工事店】広島のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 浴室シャワーからの水漏れの原因と対処法

広島 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

浴室シャワーからの水漏れの原因と対処法

2021年06月29日


毎日使用するシャワーヘッドは水漏れトラブルの多い箇所でもあります。シャワーヘッドからポタポタと水が漏れて止まらない場合は、どのように対処すればよいのか紹介していきます。水回りのトラブルに関する知識を事前に仕入れておき、もしものときに活用したいという方はぜひ参考にしてください。

シャワーヘッドの水漏れの原因とは?

シャワーヘッドから水が漏れる原因は、シャワーヘッド内に水が残っている場合やコマパッキン、ケレップの劣化、切り替え弁やバルブカートリッジの不良、サーモスタットハンドルの部品の破損などがあります。シャワーヘッドを上に向けても水が漏れるような場合は、部品が破損している可能性があります。なお、シャワーヘッドは新しいものに交換することで修理可能です。

シャワーヘッドには水の節約に役立つ手元で水を制御できるボタンが付いているタイプがあります。このタイプは、長年使用すると経年劣化でボタンから水漏れが発生することがあり、こればかりは修理ができないので新しいヘッドに取り替えてください。シャワーヘッドは特殊な工具などを使用せずに交換できることが多いです。昨今、通販などでもさまざまな機能を有するシャワーヘッドを取り扱っているので、買い替えを検討してみましょう。

シャワーヘッドからの水漏れ対処法

・シャワーヘッドとホースの付け根
シャワーヘッドとホースの接続部分から水が漏れる場合は、ヘッド側に付いているOリングと呼ばれるパッキンと、ホース側の先端に付いているUパッキンが劣化している可能性があります。パッキンを触ってみて、弾力がなかったり、ヒビが入っていたりする場合は交換の時期と捉えましょう。

・Oリングの交換方法
はじめに、マイナスドライバーを用意し、2箇所ある止水栓を閉めます。次にシャワーヘッドとホースの接続部分(銀色の部分)を反時計回りに回し取りはずします。シャワーヘッドに付いているOリングを新品のものに交換してください。最後に止水栓を開けて水を流してみて、水が漏れなければ完了です。

・Uパッキンの交換方法
Oパッキンのときと同様にマイナスドライバーを使って止水栓を閉めます。次にシャワーヘッドとホースの接続部分を下に下げるとUパッキンが確認可能なので、マイナスドライバーをパッキンの下に差し込み取り出していきます。

そして、新品のものに交換するのですが、このとき、くぼみがある部分が上になるよう注意してください。取り付けた後、Uパッキンが上に広がるような形状になるように設置します。最後にシャワーヘッドを取り付け、止水栓を開けて水を流してみて、水が漏れなければ完了です。

・シャワー水栓の吐水口
シャワー水栓の吐水口から水が漏れてしまうことも多いですが、この場合はコマパッキン(ケレップ)の劣化や破損、バルブカートリッジの不具合、切り替え弁の破損、サーモスタットハンドル内の切り替え弁の破損が原因として挙げられます。いずれの場合も部品を交換することで対処できるので、ここでは劣化しやすいコマパッキンと切り替え弁の交換方法について紹介していきます。

・コマパッキンの交換方法
まず、必要な工具類としてウォーターポンププライヤーやプラス・マイナスドライバーを用意し、あらかじめ水道の元栓を閉めておきます。ハンドルのキャップを外し、その下にあるネジをドライバーで緩めて取り外していきます。次に反時計回りにハンドルを回すことで取り外しましょう。そしてプライヤーを使ってキャップナットを緩め、中にある三角パッキンを取り出します。

三角パッキンは手でも外せますが、隙間にマイナスドライバーなどを差し込むことで簡単に外すことが可能です。さらにスピンドル上のネジをプライヤーで緩め、水栓本体から座金とスピンドルを取り外していきます。次に本体の中にあるコマパッキンを取り出し新品のものを設置します。

最後に逆の手順で部品を取り付け直しましょう。このとき、キャップナットはハンドルが固くなる可能性があるので閉めすぎないように注意してください。止水栓を開け、水を流してみて漏れなければ完了です。

・切り替え弁の交換方法
まずは、レンチとプラスドライバーなどの工具を用意し、水道の元栓を閉めておきましょう。次に切り替えレバーの中ほどにあるネジをプラスドライバーで緩めて外します。また、切り替えレバーを水栓本体から取り外します。そして、水栓本体に付属しているナットを緩め、本体の中にある切り替え弁も取り外しましょう。

ホームセンターなどで購入できる新品の切り替え弁を用意し、水栓本体に設置してください。ナットを締めて固定し、切り替えレバーを元の位置に戻してレバー中心のネジを締めていきます。最後に止水栓を開け、水を流してみて、水が漏れなければ完了です。

水まわりのトラブル・お悩みはひろしま水道職人へ

水漏れやトイレのつまりなど水まわりのトラブル・お悩みは、ひろしま水道職人までお電話ください。ひろしま水道職人は、広島市はもちろん、呉市、尾道市、福山市、安芸高田市、北広島町など広島県のさまざまなエリアで、365日・24時間受け付けている地域密着型の水道局指定工事店です。

お見積もり無料・豊富なお支払い方法、信頼と実績、保証制度、キャンセル無料、修理後のアフターフォローなどが万全なので安心して依頼できます。地元広島の経験豊富な専門スタッフがトラブル解決にどんなときでも駆けつけます。

広島のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ひろしま水道職人(広島水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315

ひろしま水道職人(広島水道職人) 0120-492-315